ネオモバでTポイント投資!現金化も簡単!


ポイント投資で目指せ100万円!各ポイント投資の実践例、実績も全て公開!

どもーポイント大好きくませんです。

2021年現在、

  • 楽天ポイント
  • dポイント
  • Tポイント
  • ポンタポイント
  • LINEポイント

これらの主要なポイントは全て投資利用ができます。

各ポイントによって利用できる投資先が違ったり、制限があったりもしますが基本的には上記の主要なポイントは国内株式や、投資信託等の購入に利用可能です。

私の場合、ポイントの価値を最大限にすべく現在投資に利用できるポイントは全て投資に回しています

目指せ100万円!

投資家クマ先輩くません

この記事では私のポイント投資の実績、運用方法をまとめています。

  • ポイント投資は儲かるの?
  • 少額のポイントでも意味ある?
  • ポイントの実際の運用事例をみたい

という方は是非参考にしてみてください。

ポイント投資実績

現在のポイント投資の実績をまとめてみました。

2021/5/30現在の実績

ポイント投資実績投入ポイント数現在の価格(円)現在の実績(円)
楽天ポイント36,23148,072+11,841
dポイント43,70047,934+4,232
LINEポイント48,00050,995+5,635
Tポイント2,0482728+680
Pontaポイント22,30223,718+1,416
その他ポイント投資010,725+10,602
合計152,281184,172+34,406

楽天ポイントは2019年末くらいからスタート、dポイントは以前から貯めている分もありタイミングを見て追加していますが、それ以外は各ポイントの投資利用が出来るようになった2020年の7月頃から貯まった分を全て投資利用しています。

大体ここ11か月程で貯まった分の実績となります。

投資家クマ先輩くません

  • 投資利用した総ポイント数152,281P
  • 現在の評価額 184,172円
  • 現在のリターン+34,406円(+22.6%)

トータルの実績は相変わらず好調、+22%程と順調ですね。

特に米国株式が好調、私のポイント投資は、全米株式全体での運用がメインですのでじわじわと含み益が大きくなってくれています。

dポイントの個別株も月初の下落から反発、+10%近くとなかなか堅調です。

ちなみにこの1か月でのポイント投資追加分は10,359Pでした。

投資家クマ先輩くません

今月はキャンペーン等も少なく、平常運転と言えますがそれでもこれだけ追加できましたので個人的には、ほんとポイント活用は必須と言えますね。

この後詳細は紹介しますが、

  • 楽天ポイント、LINEポイント、Pontaポイントは米国株式の投資信託
  • dポイントは国内の個別株
  • Tポイントは国内個別株&米国株式の投資信託

というイメージでに投資を行っています。

私の運用は短期的にプラスを狙うというよりもある程度長期的にプラスに持っていけるようにインデックス運用がメインとなっています。

それに加え、投資信託を活用したインデックス運用は少額のポイントが利用しやすいというメリットもあります!

投資家クマ先輩くません

ポイントでもじっくりと長期で運用、少額のポイントでもでも余すことなく利用したい!という方は是非参考にしてみてください。

ポイント投資は現金を使わず日常的に貯まるポイント分+各ポイントのキャンペーン分での投資になりますので、

例えマイナスになっても痛手が少ないのでリスクがとりやすかったりもしますし、もちろん堅実に全世界に分散投資を行うという事も可能です。

この自由度の高さもポイント投資の魅力ですね。

では各ポイント投資の私の運用方法も紹介していきます!

投資家クマ先輩くません

楽天ポイント

  • 投資先:楽天証券 で投資信託
  • 銘柄:楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
  • 投資利用ポイント数:毎月1000~3000P

私は現在毎月1000~3000円分のポイントを楽天証券で投資信託を購入しています。

楽天ポイントは特に買い物等を行わなくても大体1000円分ほどは貯まりますし、プラス買い物で貯まった分を投資に回すというイメージですね。

例えば以下の3つだけでも700Pほどは簡単に貯まります。

楽天ポイントの投資先は楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))です。

4000社近い米国全体の銘柄に投資をするイメージの投資信託ですね。

ポイント投資実績投入ポイント数現在の価格現在の実績(21/5/30)
楽天ポイント36,231P48,072円+11,841円

実績も非常に堅調に伸びてくれています。

運用方法は毎月1日に引き落とし設定をして、ポイントが多く入ってくる場合は積立額を増やしてポイント投資を行っています。

ポイント投資 実績

設定方法等はこちらの記事にまとめています。

誰にとっても楽天証券×楽天銀行×楽天カードの組み合わせは非常にお得な仕組みですので、是非活用しましょう!

注意点としては楽天ポイントは楽天証券を使って投資利用ができますが、

期間限定ポイントは投資利用できませんので覚えておきましょう。

投資利用できるのは通常ポイントのみです。

さらに他のサービスからポイント移行した楽天ポイントは通常ポイントであっても投資利用は不可です。

投資家クマ先輩くません

\楽天ポイントは楽天証券で投資利用可能!/

楽天証券の公式サイトはこちら

dポイント

  • 投資先:日興フロッギー(SMBC日興証券)で国内株式へ
  • 銘柄:現在は任天堂(7974)
  • 投資利用ポイント数:毎月100P~数千P

dポイントでは日興フロッギー(SMBC日興証券)を通して、国内個別株を購入しています。

日興フロッギーを使ったdポイント投資の最大のメリットは期間限定のdポイントでも投資利用が可能という点です。

優先的に期間限定のポイントから利用してくれます!

投資家クマ先輩くません

なので私の場合、期間限定ポイントが100P貯まった段階で注文を入れています。(フロッギーでは100Pから金額指定で投資利用ができます)

投資状況は以下の通りです。

dポイント 投資 実績
ポイント投資実績投入ポイント数現在の価格現在の実績(21/5/30)
dポイント43,700P47,934円+4,232円

現在は主に任天堂に積み立てています。

5月末現在は任天堂が上昇しているので+10%近く含み益の状態ですね!

ちなみに4月~5月頭にかけて任天堂が下落していたのでこれまでに貯まっていた通常ポイントで3000円分ほど買い増しを行いました。

投資家クマ先輩くません

dポイントは、dカードやd払いのキャンペーンも定期的に多数開催されており、非常に貯まりやすい状態です。

10%、20%、50%還元等の高還元のキャンペーンも多いですから、その還元分を投資に回しているというイメージですね。

dポイントの場合、期間限定ポイントも含めてポイントの現金化も可能ですのでそういう意味でも非常に利用価値が高いです。

LINEポイント

  • 投資先:LINE証券 で投資信託へ
  • 銘柄:emaxis slim 米国株式(S&P500)もしくはiFreeNEXT FANG+インデックス
  • 投資利用ポイント数:毎月約3000P

LINEポイントはLINE証券を通して投資信託を購入しています。

米国全体に投資をするemaxis slim 米国株式と大手テック企業に集中的に投資ができるiFreeNEXT FANG+インデックスに1000P貯まった時点で投資しています。

LINEポイントはLINEPayVISAカードというクレジットカードが2%還元なので非常にポイントが貯まりやすく、主力カードとして利用しています。

主に電気代、ガス代等の固定費をLINEPayカード引き落としにして還元を受けています!

投資家クマ先輩くません

また、LINEポイントはキャンペーンページを見るだけ、動画を見るだけで1~3Pほどもらえるので定期的にチェックしつつポチポチやっています。

LINEポイントの運用のイメージはemaxisslim 米国株式で米国全体への分散投資を行いつつ、iFreeNEXT FANG+インデックスで、よりリターンを狙うというイメージです。

LINEポイント 投資 実績
ポイント投資実績投入ポイント数現在の価格現在の実績(21/5/30)
LINEポイント48,000P50,995円+5,635円

最近はとにかくSP500(米国全体)のリターンがいいですねー。

iFreeNEXT FANG+の方は5月に大きく下落して一時マイナスになっていましたが、現在は回復してプラス圏ですね。

短期的な値動きは気にしていません!

投資家クマ先輩くません

ちなみにLINE証券は国内株式へのひとかぶからの投資ができますが、

投資信託だと価格に関係なく投資できるのでポイント投資に活用しやすく、現在の運用に落ち着いています。

\LINEポイントはLINE証券でポイント投資が可能!/

LINE証券の公式サイトはこちら

Tポイント

  • 投資先:SBIネオモバイル証券(ネオモバ)で個別株(ひとかぶ投資)へ
  • もしくはSBI証券 で投資信託

  • 銘柄:国内個別株全般もしくは米国株式インデックス
  • 投資利用ポイント数:毎月約200P

個人的にTポイントは現在優先的に貯めているポイントではありませんのでそこまで貯まりませんが、

Tポイントはひとかぶ投資ができるネオモバと楽天銀行を組み合わせた少額からできる配当倍増計画での利用を優先的に行っています。

ネオモバでは現在100銘柄超を保有しながら実質的に配当金を増やす仕組みを作っています!

投資家クマ先輩くません

詳しくは楽天銀行とネオモバでの配当倍増計画の記事⇩で、詳細と投資先の銘柄も紹介していますので是非合わせてチェックしてみてください!

最近ではネオモバでのひとかぶ投資も一段落したので、SBI証券で米国株式インデックスの投資信託を購入をしています。

投資先に迷ったら全米インデックスです!

投資家クマ先輩くません

投資先の銘柄は

  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

です。

ポイント投資実績投入ポイント数現在の価格現在の実績(21/5/30)
Tポイント2,0482728680

まだまだ少額ですが順調に運用されています。

少し前まではTポイントは使い勝手がよくないポイントというイメージでしたが、

ネオモバの登場でひとかぶ投資に利用可能、さらに5P程度の少額からの現金化も等価で簡単に可能と、かなり使い勝手のいいポイントになりましたので、少額でも是非貯めておきたいポイントですね。

\Tポイントはネオモバで投資利用が可能!/

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら

最近はネオモバでのひとかぶ投資での保有銘柄も一段落したので、今後はSBI証券で全米株式のインデックス投資に回そうかなとも考えています。

Pontaポイント

  • 投資先:auカブコム証券で投資信託へ(もしくはStockPoint for CONNECTで国内株式)
  • 銘柄:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 投資利用ポイント数:毎月200P~数千P

ポンタポイントでもauカブコム証券で米国株式のインデックス投資を行っています。

投資先は

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

という米国の代表的な企業500社に投資を行う銘柄です。

5月は月初に下落していましたが現在ではプラス圏、前月よりも上昇していますね。

ポンタポイント 投資 実績
ポイント投資実績投入ポイント数現在の価格現在の実績(21/5/30)
Pontaポイント22,302P23,718円+1416円

auカブコム証券でのポンタポイントを使ったポイント投資のやり方はこちらの記事でまとめていますので参考にしてみてください。

ちなみにポンタポイントはStockPoint for CONNECTというアプリを通して国内株式への疑似投資が可能で、

コネクト証券という証券会社と連携すると実際の株式に交換する事が可能です。

実際、コネクト証券で現在約1万円分の株式を保有しています。

ポンタポイント 実績 投資

ちなみにこのうちお試しで1000Pほどポンタポイントを利用しましたが、

現金の入金なし、他は全てStockPoint for CONNECT内のキャンペーンでもらった分ですのでほとんどが利益と言える状態です。

ポンタポイントは、auPay周りのキャンペーンがお得なものが多いので活用するとかなり貯まります。

年末年始のキャンペーンだけで1万8000Pほど貯まりましたし、定期的にauPayは10%、20%還元のキャンペーン等やっていますので活用しながら投資利用を行っていきます。

今後はauカブコム証券を活用した投資信託、もしくはコネクト証券を活用して国内株式の購入に充てていこうかなと考えています。

その他ポイント投資

ポンタポイントの所で紹介しましたが、StockPoint for CONNECTというアプリでもらったポイントで保有している分もありますのでそちらも紹介しておきます。

StockPoint for CONNECTはポンタポイントの他にも

  • セゾンカードの利用で貯まる永久不滅ポイント
  • ドットマネー

からも利用可能です。

さらにStockPoint for CONNECTでは定期的にキャンペーンが行われており、1株分の株式相当のポイントがもらえたりします。

実際私の保有している株式は全てキャンペーン時にもらったポイント分で交換した株式です。

投資家クマ先輩くません

このような感じでもらった分を単元未満株として保有しています。

コネクト証券 ポイント 投資

※実際の株式に交換するにはコネクト証券の口座開設が必要になります

MEMO

ちなみにコネクト証券で保有していれば単元未満株でももちろん配当金が受け取れます。

Tポイントの所でも紹介した、配当倍増計画でも利用可能、相性がいいですね。

投資家クマ先輩くません

もはやポイント=現金と同じ

少し前までは、各ポイントで使い道、使える場所も限定されていたので正直微妙なポイントもありましたが、

ここ1年程で急速に各ポイントの投資利用が整備されました。

2021年現在では、主要なポイントは全て投資利用が可能、投資利用が可能という事は現金化も可能です。

もはやポイントは現金と同じと言えます。

ポイントは日々の生活の中で貯まるものですし、少額でも現金と併用することで余すことなく活用できますので是非活用しましょう!

そして個人的には投資利用を行う事でさらに1Pの価値を高めていければなと考えています。

今後もじっくりとポイント投資で資産形成をしていきたいと考えています。

定期的に実績も更新していきます!

投資家クマ先輩くません



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です