ネオモバでTポイント投資!現金化も簡単!


楽天銀行×ネオモバで配当倍増計画!ポイント投資とも相性抜群のその方法とは?

この度、配当金の受け取り方法を楽天銀行での受け取りに変更することにしました!

楽天銀行では配当金の受け取りを楽天銀行にすることで1件につき10円がもらえる仕組みがあります。

1件につき10円という事は保有銘柄が多ければその分もらえますし、私の場合、ポイント投資で端株、単元未満株を結構保有していますのでそれなりに旨味がありそう。

特に1株から株が買えるネオモバとの相性が良く、銘柄によっては配当利回りが倍増する銘柄も出てきそうです。

もちろん、爆発的に利益が出る投資手法ではありませんが、上手く利用すれば配当金にプラスアルファで利益が上乗せできますね。

少額で行うポイント投資との相性も非常に良いので上手に利益を最大化していきましょう!

注意点や、おすすめ銘柄等も合わせて紹介していきますので参考にどうぞ。

\ネオモバの活用でお得に配当をもらう!/

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら

楽天銀行 株式配当金受取プログラム

楽天銀行ではキャンペーンにエントリーをし、配当金を楽天銀行で受け取るだけで1件につき10円がもらえる「株式配当金受取プログラム」というキャンペーンを継続的に行っています。

1件につき10円なので、保有銘柄が多ければ多いほどもらえる金額も増えていきます

このお得な仕組みをポイント投資等の少額の投資で達成、実質的に配当利回りも向上させようというわけです。

特にネオモバ(SBIネオモバイル証券)を活用する事で少額の株式の購入でも手数料をほぼ0円に抑える事も出来ますので相性も抜群という事ですね。

株式配当金受取プログラムの始め方

楽天銀行×ネオモバを使った配当金にプラスして10円をもらう方法は以下の3つを行うだけです。

  • 配当金の受け取り方法を楽天銀行に変更する
  • ネオモバで株式を購入する
  • 楽天銀行で毎月エントリーをする

配当金の受け取り方法の変更は証券口座で簡単にできます。

ちなみに複数の証券口座を持っている場合、一つの証券口座で変更すれば全ての口座で適用されます。

この後、楽天証券を使った変更方法も紹介していますので参考にしてみてください。

あとはネオモバで1株の株を購入するだけです。もちろんすでに保有している分はそのままでOKです。

購入後は特にやることはなく、ほったらかしでOKな点も大きいメリットですね。

楽天銀行で毎月1回のエントリーだけは必要になりますのでそこだけ忘れないようにしましょう。

なぜネオモバを活用するのか

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)では月当たり50万円まではサービス利用料と言って税込み220円の利用料がかかります。

(このうちTポイントの還元が200円分ありますので実質20円で利用できます。)

月当たり50万円までは何回でも、いくつ銘柄を購入しても20円の手数料で済みます。

この実質20円のサービス利用料で売買手数料は何回でも無料で利用できるというのがネオモバの利点、特に今回の手法とは相性がいいので有効に活用できるというわけです。

ちなみにネオモバの手数料が気になるという方はこちらの記事で徹底的解説していますので参考にどうぞ。

MEMO

ちなみにdポイントで投資ができるフロッギー(SMBC日興証券)の場合、単元未満株の配当は受取先を銀行口座にすることはできません。

\ネオモバの活用でお得に配当をもらう!/

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら

楽天証券での配当金の受け取り方法の変更方法

楽天証券での配当金の受け取り方法の変更を画像付きで解説します。

ちなみに複数の証券会社で口座を持っている場合、一つの証券会社で配当金の受取方法を変更すると、他の証券会社の受取方法も変更されます。

具体的には証券会社で受け取る「株式数比例配分方式」から、銀行での受け取りができる「登録配当金受領口座方式」に変更する方法を解説しています。

「株式数比例配分方式」⇒「登録配当金受領口座方式」への変更方法

  • STEP.1

    トップページの「設定・変更」から、「配当金受取方法」を選択

  • STEP.2
    配当金受け取り方法から「変更」を選択
  • STEP.3
    「銀行口座でのお受け取り」(登録配当金受領口座方式)を選択、「次へ」
  • STEP.4
    配当金を受け取る口座情報を入力

    楽天証券に登録している出金先口座と同様の場合は「現在の出金先指定口座と同一にする」を選択。

    別の口座にする場合は入力後、「確認」

  • STEP.5
    確認画面で確認

    「変更手続きのご注意」をチェック、取引暗証番号を入力後、「変更」を選択。

これで3~4営業日後に変更されます。

注意点:NISAで個別株を保有している場合はメリットなし

1つ注意点はNISA口座で株式を保有している場合は変更するメリットがありません。

なぜかというと、NISAでは配当金が非課税ですから、そちらのメリットの方が大きいからですね。

MEMO

NISAで非課税で配当金を受け取るには、「株式数比例配分方式」(その株式を保有している証券口座で配当金を受け取る方式)を選択している必要があります。

ここまで紹介した通り、楽天銀行の「株式配当金受取プログラム」を利用するには、配当金の受取先を「登録配当金受領口座方式」で楽天銀行を選択する必要があります。

この場合、NISA口座であっても配当金に約20%の税金がかかりますのでメリットがなくなってしまうというわけですね。

私に場合、実は以前から楽天銀行の株式配当金受取プログラムの存在は知っていたんですが、NISA口座で保有している株式があった為これまで利用しませんでした。

最近NISA口座の株式を売却したので晴れてこちらの仕組みを利用できるようになりました。

投資家クマ先輩くません

ちなみにつみたてNISAの場合は問題なく利用できます

おすすめ銘柄は?

楽天銀行の配当金プログラムの仕組みは1回につき10円がもらえるという事になりますので単純に配当回数が多い銘柄は有利という事になります。

通常は年2回の配当が普通ですが、年4回の配当がある銘柄もあります。

さらに、1株当たりの金額が安ければそれだけ必要資金も少なくなり、利回りとしても高くなりますのでまずそういったものをいくつか紹介します。

配当年4回で一株あたりの価格が安い銘柄

  • 2170 リンクアンドモチベーション 株価:約430円 配当利回り:1.71%
  • 4714 リソー教育 株価:約290円 配当利回り:4.16%
  • 6817 スミダコーポレーション 株価:約780円 配当利回り:3.20%
  • 7177 GMOフィナンシャルホールディング 株価:約640円 配当利回り:4.01%
  • 7814 日本創発グループ 株価:約324円 配当利回り:3.08%

※2020/9/22現在

あくまでも年4回配当で価格が安いものをまとめているだけですが、上記の銘柄をまとめて購入しても2460円程で購入でき、配当金プログラム年間200円分が獲得できることになります。

さらに配当利回りも高い傾向にあるので仮に全体で低く見積もって約2%とした場合でも、約49円が入ってきますのでトータル249円、実に年利10%以上の利回りになります!

皮算用ではありますが、利回りが10%を超えるという事は、配当のみで10年経たずに元がとれるという事になりますね。

単純にこの仕組みに合うという視点で選んだ銘柄ではありますが、少額で試すことができるのでそういった意味ではリスクも低く、ポイント投資等でやってみるのありかなと考えています。

もちろんこれだけだと超少額になりますので、普通に他の銘柄も組み合わせることで実質的に配当利回りが高くなり有利に運用が出来そうです。

その他注意点

株式配当金受取プログラム終了の可能性

楽天銀行の「株式配当金受取プログラム」はもう何年も続いている継続的なサービスですが、今後も永遠に続くかどうかは分かりません。

なくなる可能性もあるという事は一応頭に入れておきましょう。

ネオモバの概算約定代金って?

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

ネオモバで買おうとしたら株価より概算約定代金がかなり高いんだけど。。

と戸惑う方もいらっしゃるかと思いますが、これはネオモバの仕組み上、注文から約定まで時間がかかる=値動きがあるので制限値幅の上限の金額概算約定代金として拘束されるという事になります。

ネオモバ 楽天銀行
MEMO

東京証券取引所では、一日の売買における値動きの幅が一定に制限されています=制限値幅

なので理論上最大で動く金額が一応拘束されるわけですね。

一旦は拘束はされますが、実際には約定後に差額は戻ってきますのでご安心を。

ネオモバの注文時間と約定タイミング

注文時間約定タイミング
0:00~7:00当日前場始値
7:00~10:30当日後場始値
10:30~13:30当日後場終値
13:30~24:00翌営業日前場始値

まとめ

楽天銀行(株式配当金受取プログラム)×ネオモバの利用で

  • 配当利回りを実質的に挙げる事が可能
  • 少額スタートが可能&分散投資
  • 手間がかからない

と、一度スタートしてしまえば特に手間がかからない部分が個人的にはいいですね。

私の場合、ポイント投資で色々な口座に端株、単元未満株を保有していたりするんですが、配当が楽天銀行でもらえないものもありそうなのでそちらもネオモバでの運用に切り替える事も検討中です。

少額の株であれば、配当時の10円も比率的には高くなりますし、分散することでリスクも抑えられる運用が可能かなと思います。

大きく利益を狙うタイプのものではないですが、コツコツタイプ、ポイ活好きの方にもおススメできる方法かなと。

単純に100銘柄で年2回の配当で年間2000円が楽天銀行で獲得できる計算になりますので、今後少しづつ安定した配当銘柄を増やしていきたいと考えています。

ネオモバを活用することで月20円(実質的にもっと減らすことも可能)で取引が出来ますし、利用しない月はその利用料もストップすることが可能。

実質的にはコストほぼ0円で利用できるので有効活用していきましょう。

ちなみにネオモバの利用時はネオモバFXの口座も同時に開設しておくと簡単にTポイントの現金化に利用できるので便利です。

特にネオモバ内で還元される期間固定Tポイントは期限が短いので忘れないうちに現金化しておくのはおすすめです。

※同時に開設する事で追加で200ポイントがもらえますし、追加で費用がかかる事はありませんので同時に開設しておきましょう。

\ネオモバ&ネオモバFXを同時に開設がおすすめ!/

ネオモバFX&ネオモバを同時に開設(公式サイト)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です