【雑記】ほぼノーリスク!?限りなくローリスクから始める投資とは?

雰囲気投資家のクマです!

先日、友人と投資の話になり、色々と話しをしていたんですが、

投資を始める最初の段階って、

タマ

とにかく絶対に損をしたくない!

ということに尽きるんですよね。

ということで、こういう投資手法、種類もあるよーという事で話をした2つの投資の方法の話です。

特に詳しくやり方等は解説しませんがやりたい方はググってみてください(笑)

クマ先輩

もちろん僕はやったことあるよ!

ローリスク(限りなくノーリスク)、ローリターン

株主優待のタダ取り(つなぎ売り、クロス取引)

株主優待のつなぎ売りタダ取りって何?そんなことできるの?と思う方もいると思いますが、可能です。

つなぎ売りやクロス取引といわれますが、

株主優待をもらうためには、企業ごとに株主優待をもらう権利が確定する日があり、その日に株を保有していると

株主優待をもらえます。

このつなぎ売りというのは、

株主優待をもらう権利が付く最終日前に目当ての株主優待株を、同値で買いと売りの注文を入れて、

株価の値動きのリスクをなくし、優待だけをもらうという手法です。

厳密には、コストとして、買うとき、売るときの手数料、貸株料、といった手数料がかかるので、

株主優待の価値-コスト(諸々の手数料)=利益

となります。

なので、基本的には、手数料の計算さえ、しっかりできればノーリスクで利益が出ます。

株主優待クロス取引のメリット

  • 株価の上下動の値動きの影響を受けない
  • 手数料の計算さえすればノーリスクで利益が出る

この優待のクロス取引は、注文を間違ったり、手数料の計算を間違ったりしない限りは確実に利益がでます。

もちろん、株主優待という形で利益を得ることになりますが、クオカードであったり、金券であったりと

様々な優待品があるので、自分にはまる優待があるとかなりおいしいですね。

正直、企業的には、これやられると微妙なんじゃないの?と思うんですが、

証券会社のサイトにはやり方書いてあったりするんですよね(笑)

SBI証券や、カブドットコム証券等が、おススメ証券会社ですね。

(一般信用売りの取り扱いが多いのでクロス取引には必須。)

やり方はググると詳しく教えてくれるサイトもたくさんありますので、そちらを参考にしてください(笑)

株主優待クロス取引のデメリット

  • 買いと売りで注文しないといけないので、資金の拘束量が大きい(最低でも20万円以上の資金は必要。)
  • 人気化していて、権利確定日直前ではなかなか取引できない
  • 最低単元(株を買う為の最低の注文量)でのクロス取引では利益が少ない(数百円~数千円円程)

デメリットは資金の拘束量が大きいという事ですね。

例えば、500円程の利益を出すために約30万円拘束されたりします。

利益が2000円程の金券を取得するために80万円くらい拘束されたりします(;^_^A

そして、それでも確実に利益に繋がるので、人気化して最近はかなり早い段階で取引できなくなります。

(ざっくりいうと売りの注文に限りがある為。)

ということで、自分は最近は全くやらなくなりました(;^_^A

IPO投資

IPOとは、新規公開株と呼ばれているもので、IPO投資はこれから、新しく株式市場に上場する株を、

証券会社が行うIPOの抽選に参加して、当選することで市場に出回る前の公募価格で、入手して上場後に高値で売る。

ということを行う投資です。

新規上場する会社の株は公募価格よりも高値になることが多いので、当選して、上場日に初値で売れば利益が出る事が多いです。

(今年の実績だと新規上場した企業約90%の株価の初値は公募価格より上です。)

証券会社の口座があれば誰でも参加できます。

IPO投資のメリット

  • 申し込みが簡単。
  • 落選しても特にリスクがない(落選した場合拘束された資金は戻ってくる)
  • 当選すれば、ハイリターンが見込める

IPO投資のデメリット

  • 申し込み期間は資金拘束が拘束される
  • 最近は人気化しすぎて当選確率がかなり低い

IPOについてはこちらの記事も参考にどうぞ。

IPO投資に資金を回すのをやめた理由。

IPOの申し込み自体には、特にリスクがないのでトレーダーの人でも申し込みだけはやっている人も結構いますね。

自分は、落選してもIPOチャレンジポイントがもらえるSBI証券と、

事前に資金を入金しなくても抽選に参加できる岡三オンライン証券、松井証券等、

無理の無い所で申し込みだけはやっています。

 

たまーーーに、当たります(笑)

【IPO投資】1年半ぶりに当選したIPO初値売りで+61,363円の利益となりました!

ローリスク、ミドルリターン

ロボアドバイザー投資

いくつかの質問に答えるだけで、世界中の様々な資産に分散投資して、運用してくれるロボアドバイザー投資。

ロボアド投資は、上に紹介した2つとは性格が違いますが、

なんで、ここで紹介するかというと、ここ2~3年色々と試してみましたが、

上の2つをやるよりも、結果的に成績が良かったからです(笑)

正直、自分も色々な投資を試していますが、優秀ですね。

もちろん、下がる可能性はありますが、まー銀行に預けておくくらいなら少額でもロボアドで運用してみるのはおススメですね。

代表的なものは、Wealthnavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)です。

いくつかの質問に答えるだけで、自分にあったリスクの度合いを分析してくれて、自動で資産運用してくれます。

世界中に分散投資してくれますので、基本的には長期的にはプラス益になる可能性が高いと思います。

ミドルリターンといっていますが、現在自分の運用益を見ると年間で7~9パーセントくらいのリターンなので、かなり優秀ですね。

テオ&ウェルスナビ実績

一番のメリットは、ほったらかしでいいというところですね。

日々の値動き等見なくても、資産のバランスを見ながら、運用先を定期的に変えてくれるポートフォリオのメンテナンスから、

資産の分配を調整してくれるリバランスも行ってくれるので、

投資初心者には、まず試してほしいです。

しかも、最初の投資にかかる、最低投資金額が、Wealthnavi(ウェルスナビ)は10万円から、THEO(テオ)は1万円からとかなりハードルが低いので、

投資に抵抗があるという人は

まずは、THEO(テオ)で1万円から始めてみるのもいいかと思います。

THEOの無料診断を受けてみる

メリット、デメリット、感想等もこちらでも書いてますので参考にどうぞ。

THEOの記事ではありますが、ウェルスナビもほぼ同様の事がいえると思います。

【ロボアドバイザー投資】約2年運用しているTHEO(テオ)の運用成績を公開!メリット、デメリット、感想等。

まず、身近に投資を感じるにはロボアド投資はいいスタートかなと思います。

まとめ

とにかく言えることは、まずは試してみるということですね。

投資といっても、リスクが高いもの、低いもの色々ありますし、ハイリスクのものでも資金管理によってリスクを低く抑える事も出来ます。

自分が注力しているFXの自動売買も資金管理、注文のやり方でリスクの調整が可能です、

まずはどういったものがあるのかを実際やってみる事は大事だなと思います。

やってみないと気付けない事は多々ありますからね。

最近は少額から、ポイントからでも資産運用はスタートできますし興味があればやってみましょう!

ということで、ちょっと感じたことを書いてみました。

【初心者向け】資産運用、興味があるならまずは始めてみよう。100円、0円でポイントからでもスタートできる!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です