キャシュレスでお得生活! 各種Payのお得な使い方、基本情報!


【テオ&ウェルスナビ比較】ウェルスナビのリスク許容度3に設定変更!変更方法も紹介

現在約500万円の運用成績を公開中の雰囲気投資家のクマです!(kumasenpai1)

クマ先輩

今回、ウェルスナビのリスク許容度を変更することにしたよ!

現在、ロボアドバイザー投資ではウェルスナビとテオの両方で運用しています。

どちらも株式比率は高めのリスク高めの設定ではあるんですが、

全体的なポートフォリオの比率の違いがそれなりにあるので、今後の運用の為にも大体同条件にして運用実績を比較してみたいと思って設定を変更してみます。

変更した理由

先日テオの運用会社である、お金のデザイン社に伺って、テオについて詳しくお話を聞く機会があったんですが、

テオの運用方針として、リターンをベースで考えるのではなく、リスクをベースに考えているという部分が印象に残ったという事があります。

テオは先日の手数料値下げにより、現状ではテオがロボアドバイザー投資というという分野においては1歩抜きにでているなと感じています。

手数料以外の部分でもテオはかなり細かく、個人個人にあった運用を提案してくれていてかなり好印象を受けました。

こちらの記事にまとめていますので是非参考にしてみてください。

ロボアドは「どこでもそんな変わらないでしょ」と思ってましたが、正直かなりいい意味で印象が変わりました。

THEO(テオ)で資産運用!直接聞いて分かったテオの強みとは?

上の記事でも書いていますが、以前にテオとウェルスナビで暴落率と回復率を比較したことがあるんですが、確かに下落率がテオの方が抑えられていたんですよね。

ただ、株式の保有比率がウェルスナビの方が15%ほど高いポートフォリオだったので、単純にそれが理由とも考えられたので、

今回同じような株式比率にして運用してみたいと思い、設定変更をしてみる事にしました。

MEMO

ちなみになぜウェルスナビの方を変更するかというとウェルスナビの方が運用パターンが少ない為、変更しやすいからですね。

クマ先輩

テオはかなり細かく運用パターンが分かれているので、ウェルスナビをテオに寄せる事にしたよ!

テオとウェルスナビのポートフォリオ

私のテオのポートフォリオは59%が株式の保有となっています。

今回は、ウェルスナビをテオのこのポートフォリオに近づけます。

ウェルスナビの現在のポートフォリオはリスク許容度5で、株式の保有比率が大体75~80%程になっています。

これを、株式比率を60%程に変更します。

ウェルスナビではリスク許容度を下げると株式割合が下がるので、リスク許容度を下げてみた所、リスク許容度3でほぼ株式比率が60%のポートフォリオとなりました。

これでテオとウェルスナビでかなり近いポートフォリオを組むことができたので今後はこのバランスで運用していきたいと思います。

変更後のポートフォリオを確認してみます。

変更後のテオとウェルスナビのポートフォリオ

テオの割合
  • 株式59%
  • 債権30%
  • その他(金等)11%
  • ウェルスナビの割合
  • 株式60.5%
  • 債権27.7%
  • その他(金等)11.8%
  • どちらも株式比率が約60%とほぼ同じようなポートフォリオとなりましたね。

    運用実績は毎週公開していますので自身の運用の参考にしてみてくださいね。

    クマ先輩

    これで比較がしやすくなったので今後が楽しみ!

    テオとウェルスナビを比較

    ロボアドバイザー投資の2台巨頭であるテオとウェルスナビですが、どっちがおススメなの?という人も多いと思います。

    以下、両社を比較した図になります。

    項目THEO(テオ)wealthnavi(ウェルスナビ)
    最低投資金額1万円10万円
    手数料1%(最低0.65%)1%(最低0.9%)
    取扱銘柄数最大約30銘柄以上 ※世界86カ国に分散投資。6~7銘柄 ※世界約50カ国に分散投資。
    運用パターン231通り5通り
    運用手法スマートベータ運用インデックス運用
    リバランスの頻度毎月基本的に半年に1度
    自動税金最適化機能なしありあり
    AIアシストありなし

    ウェルスナビの強みは自動税金最適化(DeTAX)の部分ですね。

    2019年4月12日追記。

    ※テオにも自動税金最適化サービスが導入されました!

    テオの強みは1万円から始められる最低投資金額の低さとなんといっても手数料の安さです。

    どちらをおススメするかというと個人的にはTHEO(テオ)ですね。

    やはり手数料の値下げはかなり大きいです。

    ロボアドバイザー投資は長期的な運用が前提となりので、手数料の部分はかなり重要です。

    長期になればなるほど効いてきますからね。

    この他に運用手法のスマートベータ運用も個人的には注目しています。

    現時点ではインデックスを上回る成績を上げているとの事ですが、

    この辺りはまだテオの運用は3年程なので、長期的にみるとインデックスを上回れるかはわからない部分はあるんですが、インデックスを上回る運用を目指すという部分では面白いなと感じています。

    とにかく手数料が安いという部分がテオをおススメできる大きい理由となります。

    手数料に関してはこちらの記事で詳しく書いていますので参考にしてみてください。

    THEO(テオ)の手数料が安くなる!ロボアド新時代へ突入。最大35%オフ!

    リスク許容度変更方法

    今回行ったウェルスナビのリスク許容度の変更のやり方をまとめていますので参考にしてみてくださいね。

    クマ先輩

    リスク許容度の変更は簡単に変更できるよ!
    • STEP.1
      トップページからナビゲーションをクリック
    • STEP.2
      詳細設定をクリック
    • STEP.3
      スクロールしていくと一番下にリスク許容度を変更する場所があるので設定したいリスク許容度に変更

      今回の私の場合でいうとリスク許容度3に変更するので3に合わせる。

    • STEP.4
      プランを決定をクリック

    これで変更は完了です!

    今回はリスク許容度を変更しましたが、毎月の積立額や、運用年数等からも色々と変更できますね。

    ちょこちょこ変更する必要はありませんが、設定に変更は簡単にできるという事は覚えておいて損はないので知っておきましょう。

    テオとウェルスナビの毎週の運用実績はこちらで公開していますので参考にしてみてください。

    【運用141週】THEO+docomo(テオプラスドコモ)の運用実績は+40,197円 (+13.4%)です。2019/5/20週 【運用48週】Wealthnavi(ウェルスナビ)。現在の運用実績は-1384円(-1.38%)です。2019/5/27週
    

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です