dポイントが熱い!ドコモユーザーじゃなくてもお得に有効活用!


【テオ&ウェルスナビ比較】ウェルスナビのリスク許容度3に設定変更!変更方法も紹介

この記事ではTHEOとWealthnaviの実績を比較検証しています。

現在(2020年3月)、私はロボアドバイザー投資の中でも代表的な2つ、ウェルスナビとテオの両方で運用しています。

どちらも株式比率は高めのリスク高めの設定ではあるんですが、

全体的なポートフォリオの比率の違いがそれなりにあるので、今後の運用の為にも大体同条件にして運用実績を比較してみたいと思い、2019年3月から設定を変更して経過を見ています。

Wealthnaviのリスク許容度の変更方法も解説していますので、是非チェックしてみてください。

リスク許容度を変更した理由

テオの運用会社である、お金のデザイン社に伺って、テオについて詳しくお話を聞く機会があったんですが、

テオの運用方針として、リターンをベースで考えるのではなく、リスクをベースに考えているという部分が印象に残ったという事があります。

テオは先日の手数料値下げにより、現状ではテオがロボアドバイザー投資というという分野においては1歩抜きにでているなと感じています。

手数料以外の部分でもテオはかなり細かく、個人個人にあった運用を提案してくれていてかなり好印象を受けました。

こちらの記事にまとめていますので是非参考にしてみてください。

ロボアドは「どこでもそんな変わらないでしょ」と思ってましたが、正直かなりいい意味で印象が変わりました。

THEO(テオ)で資産運用!直接聞いて分かったテオの強みとは?

上の記事でも書いていますが、以前にテオとウェルスナビで暴落率と回復率を比較したことがあるんですが、確かに下落率がテオの方が抑えられていたんですよね。

ただ、ウェルスナビの方が株式の保有比率が15%ほど高いポートフォリオだったこともあり、単純にそれが理由とも考えられたので、

今回同じような株式比率にして運用してみたいと思い、設定変更をしてみる事にしました。

MEMO

ちなみになぜウェルスナビの方を変更するかというとウェルスナビの方が運用パターンが少ない為、変更しやすいからですね。

テオはかなり細かく運用パターンが分かれているので、ウェルスナビをテオに寄せる事にしました!

投資家クマ先輩くません

THEOとWealthnaviのポートフォリオ

私のテオのポートフォリオは59%が株式の保有となっています。

テオ ウェルスナビ 比較

今回は、ウェルスナビをテオのこのポートフォリオに近づけます。

ウェルスナビの現在のポートフォリオはリスク許容度5で、株式の保有比率が大体75~80%程になっています。

テオ ウェルスナビ 比較

これを、株式比率を60%程に変更します。

ウェルスナビではリスク許容度を下げると株式割合が下がるので、リスク許容度を下げてみた所、リスク許容度3でほぼ株式比率が60%のポートフォリオとなりました。

これでテオとウェルスナビでかなり近いポートフォリオを組むことができたので今後はこのバランスで運用していきたいと思います。

変更後のポートフォリオを確認してみます。

変更後のテオとウェルスナビのポートフォリオ

テオ ウェルスナビ 比較
テオの割合
  • 株式59%
  • 債権30%
  • その他(金等)11%
  • テオ ウェルスナビ 比較
    ウェルスナビの割合
  • 株式60.5%
  • 債権27.7%
  • その他(金等)11.8%
  • どちらも株式比率が約60%とほぼ同じようなポートフォリオとなりましたね。

    テオとウェルスナビを比較

    ロボアドバイザー投資の2台巨頭であるテオとウェルスナビですが、どっちがおススメなの?という人も多いと思います。

    以下、両社を比較した図になります。

    項目THEO(テオ)wealthnavi(ウェルスナビ)
    最低投資金額1万円10万円10万円
    手数料1%(最低0.65%)1%(最低0.9%)
    取扱銘柄数最大約30銘柄以上 ※世界86カ国に分散投資。6~7銘柄 ※世界約50カ国に分散投資。
    運用パターン231通り5通り
    運用手法スマートベータ運用インデックス運用
    リバランスの頻度毎月基本的に半年に1度
    自動税金最適化機能なしありあり
    AIアシストありなし

    ウェルスナビの強みは自動税金最適化(DeTAX)の部分ですね。

    2019年4月12日追記。

    ※テオにも自動税金最適化サービスが導入されました!

    テオの強みはなんといっても手数料の安さです。

    どちらをおススメするかというと個人的にはTHEO(テオ)をおすすめせざるを得ない状況です。

    やはり手数料の値下げはかなり大きいです。(手数料はロボアドバイザー投資は唯一のコストになります。)

    この他にも運用手法のスマートベータ運用も現時点ではインデックスを上回る成績を上げているという事、ポートフォリオの配分、リバランスのきめ細やかさ等、ロボアド投資の中でスペック的にスキがないというのがTHEOです。

    手数料に関してはこちらの記事で詳しく書いていますので参考にしてみてください。

    THEO(テオ)の手数料が安くなる!ロボアド新時代へ突入。最大35%オフ!
    MEMO

    THEOでは最低投資金額が1万円から10万円に引き上げられました。(2020年4月8日~)

    少額で試してみたい。。という方はTHEO+docomo(テオプラスドコモ)で1万円からスタート可能です。

    運用面はTHEOと同じでdポイントの還元があります。

    投資家クマ先輩くません

    ウェルスナビのリスク許容度変更方法

    今回行ったウェルスナビのリスク許容度の変更のやり方をまとめていますので参考にしてみてください。

    ウェルスナビのリスク許容度は簡単に変更できます!

    投資家クマ先輩くません

    • STEP.1
      トップページからナビゲーションをクリック
      ウェルスナビ リスク許容度変更
    • STEP.2
      詳細設定をクリック
      ウェルスナビ リスク許容度変更
    • STEP.3
      スクロールしていくと一番下にリスク許容度を変更する場所があるので設定したいリスク許容度に変更
      ウェルスナビ リスク許容度変更

      今回の私の場合でいうとリスク許容度3に変更するので3に合わせる。

      ウェルスナビ リスク許容度変更
    • STEP.4
      プランを決定をクリック
      ウェルスナビ リスク許容度変更

    これで変更は完了です!

    今回はリスク許容度を変更しましたが、毎月の積立額や、運用年数等からも色々と変更できますね。

    ちょこちょこ変更する必要はありませんが、設定に変更は簡単にできるという事は覚えておいて損はないので知っておきましょう。

    上昇率の比較(2020年2月時点)

    私は毎週週末にテオ、ウェルスナビ両方の実績を記録しています。

    今回ポートフォリオを大体揃えた状態からの最安値圏からの上昇率を比較してみました。

    (運用金額とスタート時期が違いますので、利益率から上昇率を比較しています。)

    ちなみに手数料はどちらも1%の状態で比較しています。(テオの手数料割引は受けていない状態です。)

    毎週の実績はこちらにまとめてありますが、長いので折りたたんであります。

    興味がある方は確認してみてください。

    THEO利益率(%)wealthnavi利益率(%)
    2019/3/11週47,40715.82,4092.41
    2019/3/18週49,52016.513060.31
    2019/3/25週46,57715.531,6541.65
    2019/4/1週54,08218.033,9803.98
    2019/4/8週54,59618.24,5474.55
    2019/4/15週57,10119.034,2264.23
    2019/4/22週54,98718.334,4214.42
    2019/4/29週47,20715.744,3144.31
    2019/5/6週44,40614.81,1701.17
    2019/5/13週45,05915.028790.88
    2019/5/20週40,19713.41390.14
    2019/5/27週39,89213.3-1,384-1.38
    2019/6/2週40,22213.414780.48
    2019/6/10週43,45914.498530.85
    2019/6/17週46,54715.521,6651.67
    2019/6/24週46,58115.532,2652.27
    2019/7/1週51,11917.043,5693.57
    2019/7/8週51,17717.063,1983.2
    2019/7/15週47,60515.872,5352.54
    2019/7/22週51,50417.173,9503.95
    2019/7/29週43,70314.573120.31
    2019/8/5週38,42012.81-814-0.81
    2019/8/12週33,09911.03-153-0.15
    2019/8/19週38,22112.74-1,631-1.64
    2019/8/26週39,97713.338450.85
    2019/9/2週45,15915.072,2362.24
    2019/9/9週50,89416.963,7713.77
    2019/9/16週52,71517.573,7093.71
    2019/9/23週50,85616.952,9402.94
    2019/9/30週43,35614.451,9071.91
    2019/10/7週48,50416.173,7783.78
    2019/10/14週56,06718.694,2864.29
    2019/10/21週58,40719.475,2675.27
    2019/10/28週57,58119.195,6195.62
    2019/11/4週65,29921.776,2876.29
    2019/11/11週61,27520.436,4596.46
    2019/11/18週62,37020.796,1756.18
    2019/11/25週67,83022.617,5287.53
    2019/12/2週63,26721.096,8386.84
    2019/12/9週69,10623.048,2168.22
    2019/12/16週71,76223.929,2489.27
    2019/12/23週74,30424.779,6129.61
    2019/12/30週74,07524.698,2858.29
    2020/1/6週75,43025.1410,60210.6
    2020/1/13週79,77126.5912,46012.46
    2020/1/20週76,06725.3611,18511.19
    2020/1/27週69,47623.168,5658.57
    2020/2/3週75,95925.3211,45511.45
    安値圏からの上昇率
    • THEO(テオ) 最高値2020/1/13週26.58%-最安値2019/8/12週11.03%+15.56%
    • Wealthnavi(ウェルスナビ) 最高値2020/1/13週12.46%-最安値2019/8/19週-1.64%+14.1%

    という事で安値圏からの上昇率はテオの方が1.46%高かったという事になります。

    MEMO
    あくまでも週末時点での実績の比較になります。(週中の実績は反映していません)

    ポートフォリオを揃える以前の比較ではウェルスナビの方が上昇率が高かったので今回もそうかなと考えていましたが、テオの方が成績がいいという結果がでました。

    これからロボアドをスタートしたいという方は、テオからスタートしてみるのは今回の比較結果からもおすすめできるかと思います。

    ⇒THEO(テオ)の公式サイトを確認する THEO

    ちなみに私の運用実績を見てもらうとわかるようにテオ、ウェルスナビどちらも非常に優秀な実績を収めています。

    ただ、どちらがおすすめ?と聞かれた場合テオは正直スペック的に現在、ウェルスナビに劣るところがない状態なのでテオと答えざるをない状況ですね。

    投資家クマ先輩くません

    2019年から手数料割引や、税金最適化サービスもスタートしていますのでテオはロボアドバイザー投資の中では1歩抜きにでているなと感じています。

    私自身、3年半ほどの運用になりますが、ロボアドバイザー投資は忙しい方や投資初心者の方にとっては非常におすすめできるサービスであると感じています。

    ロボアドをタイプ別に比較、どういった方におすすめできるかをまとめています。

    ほったらかし投資!ロボアドバイザー比較まとめ 特徴・実績から一言で紹介!

    テオについてはこちらで徹底的に解説していますので参考にしてみてください。

    THEO(テオ)の実績・評価評判・メリットデメリット 運用3年以上の経験から解説!【2020最新版】

    テオプラスドコモは積立を行う予定がない方はポイント還元分メリットがあります。

    【運用4年】THEO+ docomo(テオプラスドコモ)実績・特徴・メリットデメリット dポイント還元でお得に運用

    ウェルスナビも非常に優秀です。

    【ほったらかし投資の代名詞】ウェルスナビ(WealthNavi)の特徴 運用2年の運用実績は?
    

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です