キャシュレスでお得生活! 各種Payのお得な使い方、基本情報!


NZドル/米ドル(NZD/USD)のトラリピ設定。想定資金30~50万円。運用15か月、確定利益14.7万円

トラリピ設定 NZD/USD

現在約500万円をトラリピで運用中のくませんです!

FXの自動売買、トラリピ で5通貨ペアで運用しています。

運用14か月程で、現在までの確定利益が94万円をこえてきました。

トラリピは最初に設定を組んで、資金管理を徹底すれば後は自動で売買して利益を確定してくれます。

この記事では私くませんの、

  • NZドル/米ドル(NZD/USD)の設定
  • 現在までの実績
  • 想定している資金と注意点等

をまとめています。

トラリピって何?という方はこちらのトラリピとは?FXの自動売買でほったらかし投資を始めよう!でも詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

~トラリピは手数料無料!~

くませんのNZドル/米ドル(NZD/USD)の設定。

中心値0.7000ドルを中心にハーフ&ハーフの考え方で注文しています。

NZドル/米ドル買い注文売り注文
通貨ペアNZD/USDNZD/USD
注文金額0.1万(1000通貨)0.1万(1000通貨)
注文レンジ0.6010~0.70000.7010~0.8000
トラップ幅,本数0.001ドルごと100本0.001ドルごと100本
利益幅4ドル4ドル
決済トレールありあり

0.7ドルを中心にハーフ&ハーフの考え方で注文しています。

現在、買い設定を0.6~0.7ドル売り設定を0.7~0.8ドルというレンジでしか注文は入れていませんが、

最終的には、過去の最安値、最高値付近の0.5~0.9ドルのレンジまで広げるつもりです。

↓過去15年のチャート↓

現時点では、0.6~0.7ドルのレンジを上下しているので、例えば下落して0.6ドルに迫ってきた時点で新しく下の買いレンジの設定も追加する予定です。

長期的に狭いレンジの中で動いてくれる可能性もありますし、

さすがにそこまで急激に動くことはないでしょうから、想定はしていても現時点で注文を入れておく必要はないですね。

現在までのトラリピ全体での運用実績

現在、500万円の原資で5通貨ペアでの運用です。

運用15か月程で確定利益は94万円を超えてきました。

ただ、実現損益(累計利益から含み損を引いた金額)は現在若干のマイナス状態です。

このうちNZD/USDの利益が147,032円ですね。月平均で9800円ほどの決済益がでています。

トラリピの運用ではどういう状態を狙っているかというと、長期的な運用で利益を積み重ねていき、ゆくゆくは実現損益もプラスの状態をキープできるようになることです。

ここまで行くとまさに不労所得が得れる状態という感じになりますね。

まだまだ道のりはながいですが(;^_^A

投資家クマ先輩くません

NZD/USD確定利益(円)
2018年8月9,811
9月9,850
10月11,184
11月21,707
12月5,728
2019年1月17,254
2月9,921
3月5,854
4月388
5月2,683
6月14,647
7月11,167
8月3,460
9月7,678
10月15,700
合計147,032

複数通貨での運用なので厳密に1つの通貨ペアをいくらの資金で運用しているとは言えませんが、

NZD/USDペアは一番少ない資金で、利益率もそれなりに高いという状況ですので資金効率の面からもそれなりにおススメできるかと。

2019/11/3時点での含み損はこちら

2019/11/3現在、NZD/USD単体で見た場合、含み損が約-190,570円なので、実現損益(仮に現時点で全て決済した場合の利益)は-43,500円ほどの成績となりますね。

現状マイナスの状態ではありますがトラリピの含み損は次の利益への燃料になるので資金管理を徹底してじっくりと運用していきたいです。

MEMO

NZドル/米ドル(NZD/USD)は馴染みのない通貨ペアだと思いますが、

NZドル/米ドル(NZD/USD)のようなドルストレート(米ドルとの通貨ペア)の通貨ペアは、

クロス円(NZドル/円、豪ドル/円等の円絡みの通貨ペア)に比べると緩やかな値動きをします。

値動きも違う動きをするので、私はクロス円の通貨ペアとドルストレートの通貨ペアを組み合わせて運用しています。

運用資金はどのくらい必要か?

私は30万円~50万円を想定してNZD/USDを運用しています。

想定しているというのは、値動きが狭いレンジで動いてくれていれば、この想定資金で運用でき、(上手くいけば30万円でも)それに加え、

大きな暴落等がなければ、利益は積み重なっていくので、追加資金の必要なく、最初の運用資金に加えてどんどん余裕が出てきますね。

現に、現在まで約14.7万円が利益として積み重なっていますのでその分余裕がでてきています。

ということで、50万円ほど想定していれば、よほどの暴落等がない限り問題ないかなと思って運用しています。

一応、暴落に備えて追加で資金を入れれるように準備はしています!

投資家クマ先輩くません

ちなみに私の設定は運用資金とのバランスで見るとそれなりにリスクが高いです。

こちらが資金50万円で設定当時の0.685ドルから一直線に下落した場合のロスカットラインです。

トラリピ NZD/USD

0.6139と過去3~4年の値動きでは耐えられますが、5年ほど前に一度そこを割っているので微妙なラインではありますね。

トラリピ NZD/USD

ただ、過去チャートから3~4年間は現状の想定資金でも運用できていますし、

一直線にそこまでの下落をすることはないだろうという事と、トラリピは上下してくれた方が利益が出るので、

下がる場合でもその過程で利益は出てくるだろうという事でリスクとしては許容できる範囲かなと思って運用しています。

それに加え、早めに決済益が積み重なっていればそれだけ資金量も増えるので運用にどんどん余裕が出てきます。

という事から、私の場合は想定資金を30万円~50万円ほどで運用しています。

トラリピのリスクはトラップ幅(注文値幅)で調整する

トラリピにおいて一番怖いのは、強制ロスカットですね。

これは、資金量に対して、ポジションを持ちすぎた状態で相場が大きく下落して含み損が広がった場合に起こります。(証拠金維持率が100%下回っているとロスカット対象。)

トラリピでは、トラップ幅(注文値幅)を調整してリスクを管理できます。

トラップ幅とリスクの関係
  • トラップ幅を広げるとポジション数が少なくなるので、リスクは低くなる。(その分狙える利益も少なくなる。)
  • トラップ幅を狭くするとポジション数が多くなるので、リスクは高くなる。(その分狙える利益も多くなる。)
  • 当然、利益を出すためにはポジションを持っておかないと利益が出ないので、この辺りのバランスをどうとるかですね。

    自分でどのくらいのリターンを目指すかで、トラップ幅等の設定を決める事になります。

    今回のNZD/USDでいうと、私はトラップ幅を0.001ドル幅での注文にしていますが、単純にトラップ幅を倍の0.002ドルで注文すると、

    同じ資金量でポジション数は半分になりますので、ロスカットラインは約2倍下がります。

    そして、利益が出る場合は、利益確定をするポジション数も半分になるので利益も約半分になります。

    個人的には資金量とトラップ幅(注文幅)である程度リスク管理ができるところが気に入ってます!

    投資家クマ先輩くません

    とはいえ、自分でやってみないと中々わかりづらい部分はあると思うので、

    こちらの記事も参考にしてみてください。資金30万円でのNZドル/米ドル(NZD/USD)のローリスクな設定を紹介しています。

    具体的には私の設定のトラップ幅0.001ドルよりも4倍広いトラップ幅の0.004ドル設定でリスクを抑える設定にしています。

    トラリピの始め方。初めての設定におすすめする通貨ペアは?

    ~トラリピは手数料無料!~

    トラリピ関連記事まとめ

    トラリピの関連記事をまとめています。自身の運用の参考にしてみてください。

    

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です