【FX自動売買】トラリピで新たに2通貨ペアを追加。USD/JPY、AUD/USDの運用開始しました。

FXの自動売買、マネースクエアのトラリピで新たに注文追加しました。

新たに、2ペアを追加。

米ドル/円(USD/JPY)、オーストラリアドル/米ドル(AUD/USD)の運用を始めました。

設定は、いつもの通り、トラリピのハーフ&ハーフの手法で中心値を決めて、上下に売り注文と買い注文をいれるやり方です。

これで、トラリピで運用している通貨が、CAD/JPY、USD/JPY、AUD/USDの3種類になりました。

USD/JPYのトラリピ設定

ハーフ&ハーフは設定するレンジのを決めたら、上半分に売りのトラリピ、

下半分に買いのトラリピを入れる設定です。

このレンジをどの期間で取るかが、いつも悩みどころなんですが、

今回は、5年くらいの日足で、設定してみました。

大体110円くらいを中心値と決めて、その上下にハーフ&ハーフの設定で注文を入れます。

以下、今回の設定です。

注文時のスクリーンショットも載せておきます。

トラリピ設定買い注文売り注文
通貨USD/JPYUSD/JPY
1本あたりの注文金額0.1万通貨0.1万通貨
レンジ幅105.10~110110.10~115
トラップ本数5050
利益幅900800
決済トレールありあり
ロスカット設定なしなし

上下に、5円幅で設定しました。

ハーフ&ハーフで注文をいれると、証拠金量が売りと買いの注文のどちらかで高い方で済むので、

売り注文の方の証拠金が必要証拠金となります。

必要証拠金が、225,100円です。

このドル円の注文は5円幅だと、長期的にはカバーできないと思っているので、

様子を見て上下に注文を追加していこうかなと思っています。

AUD/USDのトラリピ設定

豪ドル、米ドルペアの設定も、同様にハーフ&ハーフの考え方で、

0.8を中心に上下に設定を入れました。

こちらは、現在値の場所が、買いレンジの下の方にあった為、幅広いレンジに注文を入れてみました。

 

買い設定

売り設定

まとめ

今回の設定で、トラリピで3通貨ペア、トライオートFXで2通貨ペア、ループイフダンで”通貨ペアと、

かなりの通貨ペアをカバー出来ました。

もうちょっと追加したいペアもありますが、証拠金の事も考えないといけないので、

しばらくはこの設定で、様子見したいと思います。

~現在キャンペーン中!~
マネースクエア
【FX自動売買】トラリピの口座開設方法を詳しく解説!【画像付き】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です