アンティーク好きにもおススメ!江戸東京たてもの園、以外に広くて楽しめます。

東京は小金井市にある江戸東京たてもの園に行ってきました。

昔、友人がおススメしていて、気になっていたので妻と2人で行ってきました!

入園料

入園料は大人2人で800円でした。

  • 一般 400円
  • 65歳以上の方 200円
  • 大学生(専修・各種含む)320円
  • 高校生・中学生(都外) 200円
  • 中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童 無 料

個人的には思ったより、広くて、楽しめたので、400円だったら、まー安いかなぁと感じました。

中途半端な遊園地行くよりは、コスパ高いと思います(笑)

駐車場

今回は車で行ってきました。

小金井公園第1駐車場に止めるが一番近いかなぁという感じですね。

料金は1時間¥300、以降30分¥100です。

駐車場は結構広いので、第一駐車場から入って、なるべく奥まで進んでから駐車するのがおススメです。

そこから、江戸東京たてもの園まで歩いて10分弱くらいはかかります。

江戸東京たてもの園最寄り駅

今回は車で行きましたが、

最寄り駅はJR中央線、武蔵小金井駅

西武新宿線線、花小金井駅。

そこからバスが出ているみたいですね。

バスで5分、徒歩で5分くらいでしょうか。

武蔵小金井駅から徒歩だと、1.6㎞ほど。20分強くらいかかりますね。

江戸東京たてもの園を回る所要時間

余談ですが、行く前に広さどのくらいの感じ何だろうと思って何気なくネット検索してたんですが、

たまたまみた個人ブログに

「1時間ちょっとくらいで回りましたー。」

と、書いてあったので、

クマ先輩

そうか、大した広さじゃないんだなぁ

なんて思って気楽にいったんですが、

1時間とか絶対無理です(笑)

(1時間だと、建物入らなくて、ただ歩くだけで、終わっちゃいますね。)

大体、3時間くらいは園内にいましたね。

一通り、入れる建物内も入って、たまにガイドさんの話も聞いたりして、10分程休憩したりしてそのくらいです。

園内のレストランでご飯食べたりすると、もうちょっとかかるんじゃないかなぁという感じです。

江戸東京たてもの園内の様子

江戸東京たてもの園は江戸時代から昭和までの文化的な価値が高い建物が、

東京の各地から、そのまま移築し、復元してあります。(約30軒ほど)

そして、そのなかにも実際に入れるんですよね。

外観だけじゃなく中にも入れるので、当時の冷蔵庫とか、風呂等、なかなか今では見ることができないものが、数多く見れたので

特に、アンティークな建物、家具、雰囲気が好きな方は、おススメです!

江戸時代のこんな建物から、

明治や大正時代のモダンな建築物まで、

東ゾーンには、昔の商店街が再現してあって、商店、居酒屋、銭湯等、明治、昭和初期の雰囲気が漂ってます。

中の商品も再現してあって、歩いてみるだけでも結構楽しめました。

個人的おススメ

はい、個人的おススメはこちら

常盤台写真場です!

昭和初期に板橋区の常盤台に建てられた

ここは今でいう写真スタジオなんですが、

光の入り具合とか計算してある設計で、ここで写真撮るとむちゃくちゃキレイに写真取れます!

撮った写真は載せられないんですけど。。(笑)

この撮影の場所は基本は入れないようにしてあるんですが、

自分たちが行った時は、すいていたからかもしれませんが、ガイドさんが写真撮ってくれました!

スマホで撮った写真ですが、ものすごくキレイに撮れてました。

(光の加減って大事なんですねー。)

まとめ

あまり、期待してなかったですが、思っている以上に広く、楽しめました。

特にアトラクション的な要素は全くないので、もしかしたら子供は退屈かもしれないですが(笑)

大人になればなるほど楽しめる施設かなぁと思いました!

こんな人におススメ
  • アンティークな建物、雰囲気が好き。
  • 自宅のDIYが好き。(参考になる)
  • 歴史好き。(高橋是清邸等、歴史的重要人物の建物もある)
  • ヒマな、大人
  • 江戸東京たてもの園公式サイト

    では、クマでした!

    

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です