キャシュレスでお得生活! 各種Payのお得な使い方、基本情報!


vix投資の仕組みと特徴「米国vi」で暴落から利益を狙う!

vix投資

現在約500万円の運用成績を公開中のくませんです!

日々、なるべくローリスク&手間がかからない&それなりのリターンを狙う投資手法を研究している、私くませんですが、

今回、この3つの条件をクリアしていると感じた投資手法にたどり着きました。

それが、VIX指数を利用した投資です。

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

VIX指数??

なかなか馴染みがない、聞いたことがない言葉だとは思いますが、

リスク管理もしやすく、シンプルな手法で手間もかからなそう&少額(数万円~)からスタートできるということで、

運用を始めています。

この記事では、まずVIX指数とは何なのか、どういった投資手法で利益を狙うのかを紹介します。

~vix指数への投資はGMOクリック証券で可能です~

口座開設、維持費等はもちろん、取引手数料も無料です!

vix指数とは?

VIX指数は「ボラティリティ・インデックス(volatility index)」の略称で、

アメリカのシカゴオプション取引所(CBOE)が算出している指数になります。

別名「恐怖指数」と呼ばれています。

なぜ、恐怖指数と呼ばれているかというと、

株価が上昇して投資家が楽観的になっている時には下落

株価が下落して投資家が悲観的になっている時には上昇

という性質を持っているためです。

もっと簡単に一言で説明すると、

株式市場の暴落時にはVIX指数が急上昇するという性質を持っています。

左が株式市場、右がvixのチャートです。(2018年~)

逆の動き、逆相関の関係になっている事が分かると思います。

S&P500(米国株式)
米国vi(vix指数に連動)

ポイントは株式市場と逆の動きをするという事です。

MEMO

VIX指数はシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、S&P500指数のボラティリティ(価格変動)を元に算出した指数になります。

S&P500(アメリカの株式市場)に連動して、逆相関の値動きをしているという事!

投資家クマ先輩くません

次に特徴を見ていきたいんですが、その前にVIX指数に投資をする方法を確認しておきましょう。

VIX指数への投資は、通常の証券口座ではスタートできません。

VIX指数に投資するには?

まず、VIX指数はあくまで指数なので、それ自体には直接投資することはできません。

VIX指数に連動する商品(ETFやCFD)を利用する事で取引が可能になります。

具体的にはGMOクリック証券という証券会社に、

「米国VI」というVIX指数連動型のCFD銘柄がありますのでそちらを利用すると取引が可能になります。

GMOクリック証券CFD口座の開設が必須です。

開設にあたって維持費等はかかりません。無料で開設できますよ。

投資家クマ先輩くません

CFDとは?

為替や株式、株価指数、原油や金などの商品など様々な資産に投資することができる金融商品のことです。

レバレッジをかけれるのが大きいポイントの1つですね。

(ちなみにFXもCFDの一種です。)

GMOクリック証券のCFDは手数料無料で、取扱商品も他社に比べても圧倒的に多いので、単純におススメできます。

ちなみに、VIX指数に連動した商品を取り扱っている証券会社は国内ではほとんどありません。

VIX指数に投資をする上でGMOクリック証券は必須の証券会社といえます。

この後詳しく解説していきますが、VIX指数を利用した投資に興味がでた、やってみたいと思った際はGMOクリック証券でCFD口座を開設して取引をスタートしましょう。

VIX指数を利用した投資は少額(数万円)からスタートでき、シンプルな考え方で利益を狙える手法だと思います。

(基本的にはほったらかしが可能。)

では、VIX指数の特徴を詳しく見ていきます!

VIX指数の特徴

VIX指数の値動きは、「株価が上昇したときは下落」、「株価が下落したときには上昇」する傾向にありますが、

平常時、値動きは安定しています。というより動きがあまりないです。

具体的に言うと、年間を通してほとんどの期間は10~20という一定のレンジでの値動きとなります。

vix投資

そして、株式市場の暴落時や、市場に影響を与えるイベント、(最近だとブレグジットや、大統領選挙等)があると急上昇します。

投資家の不安感、警戒感に連動して急上昇するという感じですね!

投資家クマ先輩くません

そして、さらに大きい特徴として、VIX指数は上昇しても、比較的すぐに元の値に戻る傾向があります。

ここまでをまとめると、

  • ほとんどの期間が10~20という一定のレンジの中での値動き
  • 定期的(年に数回)に急上昇
  • (株式市場に影響を与えるイベント、(例:ブレグジット、大統領選挙等)があると急上昇)

  • 上昇しても、比較的すぐに元の値に戻る傾向

この値動きは他の金融商品では見られないvix指数特有のかなり特徴的な値動きですね。

この特性を利用して、投資戦略を考えてみると、シンプルに

大きい上昇時に売りで入って、元の水準に戻ってきたら決済するというシンプルな手法で利益を狙えそう!

投資家クマ先輩くません

と考える事が出来ますよね。

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

なるほど、確かにリスクも低そうだし良さそう!

ちなみに、なんで上昇時に売りから入るの?

買いで持っておいて上昇した時に売ればいいんじゃないの??

はい、それに関しては、理由があるので説明します!

投資家クマ先輩くません

まず、vixはいつ上がるかはなかなか予想ができないので、買いで入ると資金も拘束されることになります。

この時点であまりよろしくないですね。

シンプルに高騰時に売りから入る戦略がベストかなと考えています。

それに加え、vix指数への投資をするにあたっては、

実際に投資を行うvix指数に連動するCFD(「米国VI」「米国VIブルETF」等)の特徴も関わってきますのでそちらも確認しておきましょう!

価格調整額

実際にGMOクリック証券の「米国vi」取引をするにあたって、「価格調整額」というものが発生します。

価格調整額とは、FXでいう所のスワップポイントのようなものと考えればイメージしやすいかと思います。

月に一度のタイミングで支払うor支払われます。

平常時、年間の80%ほどは売りのポジションを保有している事でプラスになります。

逆に20%ほどの割合で売りポジションの保有でマイナスのタイミングが出てきます。

過去1年間の「米国VI」の価格調整額です。

vix投資

過去1年間でいくと、12か月のうちの3回が売りでマイナスになっています。

(大体過去の履歴を確認しても大体、同じような比率です。)

どういったタイミングで売りで価格調整額がマイナスとなるかというと、

vix投資

vixが上昇しているタイミングだと売りポジション保有でマイナスになります。

(vi上昇時=株式市場が下落時)が売りポジションでマイナスの状態という事ですね。

投資家クマ先輩くません

「米国VI」の特徴としてほとんどの期間は、値動きが少ない安定期なので買いポジションを保有していると、基本的にマイナスの価格調整額を支払い続けないといけないですね。

という事で、あくまでも年に数回ある暴騰期を狙う事になるので、

上昇時に売りから入って、平常時の水準まで下落してきたら決済という戦略がシンプルで適しているかと思います。

VIXは価格が下落していく?

実はVIX、というよりVIX指数に連動しているETF、CFDに関してですが、

時間が経つほどに価格が下落していく特性があります。

わかりやすく「米国VI」の1.5倍の値動きをする「米国VIブルETF」の2012年からの長期のチャートを見てみましょう。

2012年からのチャートです。

vix投資

見事に右肩下がりですね。(笑)

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

右肩下がりというか、、とんでもないチャートやん。。

下落が激しすぎてわかりにくいですが、実際は横ばいに見える部分も下落していっています。

過去2年程のチャート↓

vix投資

こちらは分かりやすいですね。見事に右肩下がり(2回目)

ご覧の通り、定期的に上昇はしますが、基本的に下落していっています。

理由は正直、かなりややこしいので、基本的に下落していく仕組みであるという事を頭に入れておきましょう。

投資家クマ先輩くません

下落していく仕組みを簡単に

VIX指数に連動するETF、CFD(「米国VIブルETF」等)はVIX短期先物指数をもとに作られています。

先物は売却するための期限が決まっているので、

期限が近いもの(期近)から期限が遠いもの(期先)を買い続けるという事を繰り返してETF、CFD等の商品が作られています。

先物取引において、通常時は期限が近いものは安く、期限が遠いものは高いという性質があります。

(期限が近いもの=安い)から(期限が遠いもの=高い)を購入しているという事はコストがかかります。(ロールオーバーコスト)

という事で長期的にコストがかかる状態が続いていくので、

コストがかかる=下落圧力という事でどんどん価格が下落していく仕組みという事になりますね。

「米国vi」に関しては、「価格調整額」が毎月発生するので、右肩下がりで下落していくという事にはなりません。

期近と期先の価格差を調整する=価格調整額

「米国VIブルETF」は価格調整額がないので、シンプルに下落しているという事になります。

投資家クマ先輩くません

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

む、難しすぎる。。

ここはかなり難しいので、別記事で改めて解説したいと思います!

投資家クマ先輩くません

仕組み的に平常時は下落していく仕組みという事だけわかっていれば、とりあえず問題ないかと思います(;^_^A

vixの投資戦略

では、ここからようやく、vix指数の投資戦略を紹介します!

必要資金や、細かい数字、やり方等はまたぼちぼち上げていきたいと思います。

とりあえず全体の概要だけまとめています。

基本的に「米国vi」の売り戦略だけやるつもりでいたんですが、

調べていくうちにその他のvix銘柄も面白そうだったので、少額で試してみようと思いまとめています。

すべて、GMOクリック証券で取り扱いのある銘柄です。

米国VIの空売り

まずは「米国VI」の空売り戦略です。

平常時は10~20の水準で、念に数回は急上昇、そこから、また元の水準に戻ってくる性質を利用して、

20より上で、売りで保有→下落時に売却。

という、シンプルな戦略ですね。

ただ、20以上だと取引チャンスが少なそうなので、それ以下例えば18くらいから入っても問題なさそうですね。

万が一大幅に上昇した時の事も考えて資金管理は徹底したいところ。

注文自体も指値を入れておけばいいので、手間もかからずいい感じです。

エントリーチャンスが少ないのが最大のデメリットですね。

米国VIブルETF 売り長期保有

米国VIブルETFは「米国VI」の1.5倍の動きをする銘柄になります。

(もともとVIX短期先物指数の日々の変動率の 2倍変動するように設計されていましたが、VIXショック以降は、 日々の変動率の1.5倍変動するように設計変更された模様。)

長期的には、下落していく「米国VIブルETF」ですが、1.5倍の値動きをするのでさらに加速度的に下落していっています。

2011年からの月足チャートですが、最小の数年以降、横ばいに見えるかと思いますが、

この期間も右肩下がりに下落していっています。

vix投資

単純に「売り」で長期的に保有していれば、利益が狙えるのではないかと思い、長期的に少額で長期保有してみたいと思います。

米国VIベアETF 買い長期保有

米国VIベアETFは「米国VI」の逆の動きをする銘柄になります。

なので、長期的には「米国VI」の逆で平常時は上昇していく性質を持っています。

長期的に買いポジションで長期保有の戦略で問題ないかと思っています。

ただ、2018年の1月にVixショックというとんでもない暴落を起こしている事もあり、

レバレッジ低めで資金的には少額でスタート長期保有していこうかと思っています。

まとめ

vix指数の特徴をまとめると、

  • ほとんどの期間が10~20という一定のレンジの中での値動き
  • 定期的(年に数回)に急上昇
  • (株式市場に影響を与えるイベント、(例:ブレグジット、大統領選挙等)があると急上昇)

  • 上昇しても、比較的すぐに元の値に戻る傾向
  • 基本的には下落していく特性

とかなり独特の特徴を持っています。

正直、メインの戦略である「米国vi」の空売りはかなり固い投資手法じゃないかなと思います。

急上昇時の資金管理さえしっかりやっていれば、かなりの確率で利益が狙えそうですからね。

他の2つの銘柄も面白そうです。

何事もなければ、少額でも長期的に利益が狙えそうな雰囲気がビンビンですし(笑)

色々な投資にチャレンジしている私、くませんですが、今回は久しぶりに、わくわくしています。

一応、裁量取引とはいえ、やることはシンプル、資金管理も目安は簡単に設定できますからね。

まさになるべくローリスク&手間がかからない&それなりのリターンを狙うの3つを、ばっちりとクリアしていると感じています!

正直、vix指数を利用した投資については、もっと早く知っておけばなぁと感じています(;^_^A

では、また改めて個別の詳細記事、実績記事は書いていこうと思います!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です