ほったらかしつつリターンも狙える!?FOLIO ROBOPRO(ロボプロ)


【エポス修行】tsumiki証券での積立投資&即売りの方法を解説

この記事ではエポスカードユーザーのみが利用できるtsumiki証券での投資信託購入&即売りについて紹介&解説していきます。

エポスカードは非常にメリットが大きいカードで、特にゴールドになると、

  • ポイントの有効期限が無期限
  • 1.5%還元が可能 (選べるポイントアップ 3ショップまで最大3倍)
  • 年間ボーナスポイントが最大10000P (100万円利用で最大)
  • 空港ラウンジが無料で利用可

とかなりの高スペックカードとなります。

そんなエポスゴールドは普通に作ると年会費のかかるゴールドカードですが、

通常のエポスカードを利用してインビテーションを受け取ると年会費無料でゴールド会員になれるというメリットがあります。

これがいわゆるエポス修行と呼ばれるもので、年会費無料で上記のメリットを享受できるようになるので人気が高いわけです。

そんなエポス修行、通常のショッピング利用以外でもtsumiki証券の活用もおすすめです。

もちろん、普通に積み立ててもいいんですが、

値動きの少ない銘柄を購入、即売却を行う事で利用実績を積み重ねる事が可能です。

また、ゴールド取得後の最大年間ボーナス10000ポイントを受け取るための100万円利用にもtsumiki証券の積立は有効です。

投資家クマ先輩くません

まずはtsumiki証券の口座開設

tsumiki証券を利用するには口座開設が必要になります。

tsumiki証券はマルイ系の証券会社でエポスカードユーザーのみが口座開設可能となっています。

EPOSNETから口座開設が可能です。

もちろん、口座の維持管理費等は一切かかりませんのでまずは口座開設しましょう。

tsumiki証券の投信は5種類

tsumiki証券の投信は以下の5種類となっています。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(株式50%債権50%)(国内10%海外90%)
  • セゾン資産形成の達人ファンド(株式100%)(国内13%海外87%)
  • コモンズ30ファンド(国内株式100%)
  • ひふみプラス(株式100%)(国内88%海外12%)
  • まるごとひふみ15(株式15%債権85%)

tsumiki証券の場合通常の証券会社と違って銘柄数は少なく上記の5つのみ、正直手数料が高いものが多いかなという印象ではあります。

emaxis slim等の低コストインデックスファンドは取り扱いがありませんね。

投資家クマ先輩くません

まぁ、今回の目的には大きく影響しないので深くは紹介しませんが。

単純にゴールド修行を行うにあたって購入後の即売りを考えるのであれば銘柄はまるごとひふみ15一択です。

85%が債券ですので値動きがかなり少ない状態で売却ができます。

このまるごとひふみ15を毎月積立、即売却を繰り返すことでほとんど等価で決済修業ができるという流れになります。

値動きはどれくらい?

こちら参考までに2022年の1年分の売却記録です。

tsumiki売却記録売却後入金額プラス分
2022年1月49971146
2月498910
3月498050
4月498660
5月499210
6月496030
7月498600
8月5000038
9月499900
10月494020
11月50000662
12月497640
合計598073846

年間で598,073円にプラス分846円を足した598,919円が年間の実績です。

50000円×12か月で60万円が原資となりますので、2022年の損益は-1081円となりました。

ちなみに私は過去3年以上にわたって、他社のクレカ積立等で国内債券のファンドの即売りをやっていますが、

そちらの実績は長期的に見ればほぼ0に収束しています。

まるごとひふみ15の場合は株式も15%入っている影響で値動きはより大きくなりやすく、

完全に同じというわけにはいきませんが、そこまで大きく変わらないかなと考えています。

2022年は株式市場が下落基調でマイナスの月が多かったですね(;^_^A

投資家クマ先輩くません

国内債券の値動きについてはこちらの記事でも紹介していますので参考にしてみてください。

合わせて読みたい
【投信即売り】 毎月2350円分が獲得可能な国内債券活用法 クレカ積立,ポイント現金化にも有効

もはや大手ネット証券では当たり前になりつつあるクレカ積立の1%還元の恩恵を受ける事が可能です。

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

2022年は年間でマイナスか。。よくてトントンくらいなら修行終えたらやる意味ないよね?
そんなこともなくエポスゴールドの人はやる意味大ありです!

投資家クマ先輩くません

積立分は年間の利用金額にカウント&積立年数によってポイントがもらえる

tsumiki証券での積立はエポスカードの年間利用金額分にカウントされます。

エポスゴールドは年間100万円の利用で10000Pが獲得できます!

投資家クマ先輩くません

なのでtsumikiの積立だけで年間約60万円の利用が確定、

残り約40万円の利用で10000Pのボーナスがもらえます。

tsumiki証券の利用でエポスカードの利用実績を積めるというわけですね。

投資家クマ先輩くません

さらに後述していますが、tsumiki証券では積立年数に応じて年に1回頑張ってるねポイント(600P~2500P)がもらえます。

  • カードの利用実績が積める
  • 積立年数によって追加でポイントがもらえる(年間600P~2500P)

というメリットがあるのでエポスゴールド後も是非活用していきましょう!

ではここからtsumiki証券で積立設定後の、売却時の流れを紹介しておきます。

購入後いつ売却できるようになるかを覚えておきましょう。

tsumiki証券の投信即売りの流れ

メールが届いたら売却可能

毎月10日前後にtsumiki証券より「お取引についてのお知らせ」というメールが届きます。

このメールが届いたら売却が可能になります。

即売りする場合は以下の手順でできますので参考までに。

tsumiki証券の投資信託売却方法

投資信託の売却方法を紹介します。

流れとしては、以下の通りです。

  1. ログイン後にトップページから右上の3本線
  2. 資産の状況を見る⇒お預かり資産の中身
  3. 引き出す
  4. 全て引き出す⇒確認する
  5. 確定する

画像付きで紹介すると

tsumiki証券 即売り
tsumiki証券 即売り
tsumiki証券 即売り tsumiki証券 即売り

あとは確認する&確定するで終了です。

tsumiki証券 即売り

売却時、利益は別で振り込まれる

こちら実際の私の例、2022年1月で紹介します。

毎月5万円の積立で1/12に売却、1/19売却代金が引き落とし銀行に振り込まれました。

tsumiki証券 即売り

売却代金がプラスであればプラス分が先に振り込まれます

投資原資とまとめて振り込まれないのはクレカ現金化の防止の観点のようですね、別で振り込まれます。

そして1/31に引き落とし銀行に売却分が振り込まれました。

tsumiki証券 即売り

なぜ5万円ではなく、29円分マイナスで振り込まれているかというと、利益に対しての税金分が引かれているためですね。

今回でいうと、146円が利益として出ていたので先に振り込まれて、

そのあとに税金分(利益に対しての約20%)の29円が引かれて振り込まれたという事になります。

少しややこしいですが(;^_^A

売却時にマイナスの場合は、マイナス分が引かれた金額が月末に銀行に戻ってきます。

投資金額に対してがんばってるねポイントが付与

ちなみにtsumiki証券の積立に対しては通常のポイント還元はありません

その代わりという事もないんですが、エポスカードでつみたて投資を行っているユーザーには1年間の「つみたて金額」に応じてがんばってるねポイント(エポスポイント)がプレゼントされます。

毎年の積立金額に対して初年度0.1%から始まって最大で5年目以降0.5%の付与が受けれます。

毎月5万円を積立ていた場合

  • 1年目は60万×0.1%=500P
  • 5年目以降で60万×0.5%=2500P

と年数を重ねると還元が大きくなってきます。

がんばってるねポイントも含めて考えると即売りの場合でもかなり有利にエポスの積立投資は活用できるかなと思います。

エポスカードのお得な作成方法

この記事を読まれている方はエポスカード保有している方が多いかと思いますが、

これから作ってエポス修行をやる!という方に向けてお得な作成方法を紹介しておきます。

上手く活用すれば1万円相当以上のポイントが獲得できますので参考にしてみてください。

入会ポイントで2000P

エポスカードは入会時にエポスポイント2000Pがもれなくもらえます。

紹介番号入力で500P

エポスカードユーザーからの紹介番号入力でさらにエポスポイント500Pがもらえますのでよろしければご活用ください。

紹介番号:22040895211

※カード申込み時に入力が必要です。

紹介ポイントは入力を忘れがちなので是非活用してください!

※私は入力せずに作成して、もらい損ねました(;^_^A

投資家クマ先輩くません

さらにポイントサイト経由で+6000~8000P程上乗せすることも可能です。

ポイントサイト経由で約6000P~8000P

エポスカードはポイントサイト経由で大体6000P前後(時期によって変動)のポイントが獲得できます。

ポイントサイトはどこでも大丈夫ですが、

個人的にはモッピーをよく利用しています。

運用会社も上場企業のセレスですのでそういった意味でも安心感はありますし、予定反映もしっかりしているなと感じています。

初めての場合、紹介リンクから新規登録&翌々月までに5000P以上獲得で2000P追加でもらえますので、エポスカードを作成する際は是非活用してください。

モッピー登録はこちら

その他のポイントサイトの紹介リンクはこちらでまとめていますのでご活用ください。

ポイントサイト利用の有無に関係なく、上記のエポスカードの入会特典(2000P)、紹介特典(500P)はもらえます

ポイントサイトとかは面倒。。という方はエポスカードの公式サイトからどうぞ。

エポスカード公式サイト

ゴールドインビテーション通知きました!

7月にゴールドカードの招待予定の通知がエポスアプリに来てました!

今年の1月からスタート、ここで紹介している毎月のtsumiki証券の積立の利用がほとんど、

後はauPayチャージ等に使ったくらいなので、利用額としては30万円~35万程という所です。

誰もがこの金額の利用でインビが来るわけではないと思いますが参考までに。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です