ほったらかしつつリターンも狙える!?FOLIO ROBOPRO(ロボプロ)


【運用23か月】FOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)実績公開!~下落を回避!ほったらかし投資の実力は?~

FOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)は株式会社FOLIOが提供しているほったらかしで運用可能なロボアドバイザー投資です。

  • 入金するだけでおまかせ運用
  • 世界中に分散投資
  • ポートフォリオ(投資先のバランス)も調整してくれる

というロボアドバイザー投資の一般的な特徴は兼ね備えつつ、

  • ポートフォリオを大胆に変更することで短期的な暴落もなるべく回避リターンを狙う

事になります。

そりゃ暴落を回避してリターンを狙えればいいけど。。(;^_^A

投資家クマ先輩くません

と思ったりもしますが(笑)

とはいえ、コロナ渦の大荒れ相場でも優秀な実績が出ていた事もあり、私も2020/5/13から運用をスタートしています。

結論から言うと、現在23か月の運用ですが、かなり優秀な実績を収めています。

特に下落耐性が高いなと感じています!

投資家クマ先輩くません

これまでの運用実績から活用法、ポートフォリオがどのように変化するか、等紹介していますので是非チェックしてみてください。

フォリオロボプロの基本的な部分ついてはこちらの記事で詳しく解説しています。

\ほったらかしつつリターンも狙う!/

FOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)

FOLIO ROBO PRO

2022年5月3日時点の実績

フォリオ ロボプロ 実績

入金額は10万円

運用約23か月が経過したFOLIO ROBO PROですが、現在の運用実績が

+¥36,594円(36.59%)

前月からは+0.3%程、株式市場が下落している中、プラスの成績と非常に順調、というよりすごい成績ですね!

世界株、米国株のインデックスを上回る成績

なにがすごいかというと、今年に入って全世界株式、米国株式のインデックス投資を圧倒的に上回っています。

今年、2022年は年始に最高値圏をつけたあと米国株式は大きく下落、5月現在年始からの実績は-13%程となっています。

米国株式が約6割を占める全世界株式でも同様です。

そんな中、フォリオロボプロは年始から₊5%ほどの実績を出しているのは素直にすごいなと感じています。

もちろん円安効果もありますが、それを加味しても十分な実績を上げているなと。

この後も紹介しますが、ポートフォリオの組替えで下落を回避できていた事がこの好調さの大きな要因です。

今回の下落相場を上手く乗りこなしている印象!

投資家クマ先輩くません

一年間の実績推移

※各月1日時点

フォリオロボプロ実績資産推移評価損益
2022年1月131,583円31,583円(+31.56%)
2022年2月131,096円31,096円(+31.10%)
2022年3月130,016円30,016円(+30.02%)
2022年4月136,289円36,289円(+36.29%)
2022年5月136,594円36,594円(+36.59%)
フォリオロボプロ実績  
2021年1月113,269円13,269円(+13.27%)
2021年2月117,401円17,401円(+17.40%)
2021年3月117,913円17,913円(+17.91%)
2020年4月123,506円23,506円(+23.51%)
2021年5月124,594円24,594円(24.06%)
2021年6月127,564円27,564円(+27.56%)
2021年7月127,200円27,200円(+27.20%)
2021年8月126,995円26,995円(26.99%)
2021年9月127,876円27,876円(+27.88%)
2021年10月125,606円25,606円(+25.61%)
2021年11月131,668円31,668円(+31.67%)
2021年12月127,796円27,796円(+27.80%)

ポートフォリオ(投資先のバランス)

2022/4/1時点でのポートフォリオはこちら

フォリオ ロボプロ 実績

5月現在、米国株38%、不動産16%、金13%、米国債券10%とかなり細かい分散をやっていますね。

冒頭でも紹介した通り、フォリオロボプロではポートフォリオを大胆に組み替えてリターンを狙う&暴落を回避する運用というのが大きい特徴です。

2022年の下落相場の中でのロボプロを見ていて感じたのが、下落耐性がかなり高いという事です。

全世界に分散投資をしている全世界株でも年始から約13%下落していますが、ロボプロは現在年始から+5%とプラス圏をキープしています。

ちなみに1月の米国株式暴落時のポートフォリオには米国株が1%も入っていませんでした。

1月のポートフォリオ⇩

フォリオロボプロ

新興国株48%、金30%、米国債券21%、とすごいポートフォリオ組むなと思ってましたが、結果的にうまい事暴落を回避していたと言えますね!

※ロボプロのポートフォリオは毎月末に変更されます。

投資家クマ先輩くません

正直自分ではここまで大胆な事はできませんし、この実績を見ていると今後も勝手にやってもらいたいなと感じています。

通常のロボアド投資、インデックス投資であれば米国株、先進国株がメインになりますのでポートフォリオの違いが鮮明です。

ロボプロの攻めたポートフォリオには正直驚かされます(;^_^A

この積極的な投資先の自動組み換えがこれまでの普通のロボアドとは大きく違う部分ですね!

投資家クマ先輩くません

この後記事へのリンクも貼っていますが、この積極的な組替えをしながらの運用はつみたてNISAと相性がいいと感じています。

個人的なFOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)の活用法

私の活用法を紹介すると私の場合は、つみたてNISAの積立と他社のロボアド投資でも運用を行っています。

その中でFOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)でよりリターンが狙える運用を行ってくれるといいなというイメージでの運用です。

運用自体はほったらかしですが、運用内容はこれまでのロボアドとは一線を画すものだからですね。

既存のロボアドはインデックス投資に近い運用となりますが、

フォリオロボプロの場合はかなり大胆に変更されているので分散投資という意味でも運用してみるのは面白いと感じています。

このあたりはこちらの記事を参考にしてもらえればと思います。

という事でFOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)の活用法、どういう方におすすめできるかというと、

  • 現在すでにロボアド投資、インデックス投資を行っているが、より大きいリターンを狙いたい
  • 個別株ほどのリスクは負いたくないけどインデックス投資よりも大きいリターンを狙いたい
  • 下落相場時に値動きをマイルドにしたい

等、FOLIO ROBO PROは基本的には世界に分散投資を行っている中で、そこからもう少しリターンを目指していく、暴落をなるべく回避という運用スタイルですので、

過度にリスクをりたくないけど、もうちょっとリターンを狙いたい!みたいな方は運用を試してみるのは非常にアリかなと思います。

もちろん全て自動のロボアドバイザー運用ですので投資初心者の方、忙しい方にもおすすめできます。

今後も定期的に実績も更新していきたいと思います。

興味がある方は公式サイト、そして私の記事でも解説していますのでチェックしてみてくださいね!

\公式サイトをチェック!/

FOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)

待望の積立機能も実装されました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です