コインチェックのハッキングについての感想

おはようございます。

コインチェックのハッキングで界隈は大騒ぎですね。

クマはコインチェックには資産を一切おいていなかったので被害は受けていませんが、
おかれていた方の心中はお察しします。。

会見をみて、いろいろと思うことはありました。

・コインチェックのNEMの保管方法で、

コールドウォレット(オフライン上のウォレット)に保管しておらず、

ホットウォレット(オンラインに繋がった状態のウォレット)でほぼすべてのNEMを管理していた。

・マルチシグ(マルチシグネイチャー。複数人で秘密鍵を管理する方法。管理者である複数人が許可しないとウォレットの資金を動かせない。)に対応していなかった。

この2点は対応していて欲しかったなぁという感じですね。

これをやっていればハッキングされなかったという事ではないですが、少なくとも
すべてのNEMを出金されるという事にはならず、被害は少なくなったのではなかろうかという感想です。

マスコミの質問のレベルの低さ(全てとはいいませんけど)、態度の悪さも気にはなりますが、もうここはお察しというところで、多くは語りません笑

ただ今回の件で一番悪いのは間違いなくハッキングしたやつらです!!

コインチェックや、マスコミを批判する言葉も多いですが、
そこだけは間違えないようにしたいですね。

そして、もう一点、

今回のハッキングに関してNEMの信頼性には全く関係ないという事です!!

(単純に取引所の保管方法にセキュリティが甘い部分があったので盗まれたのであって、
nemのシステムに脆弱性があったとかそんな話ではないです。)

今後は、ものすごく大変な道のりだと思いますがコインチェックさんには引き続き頑張って欲しいなぁと思います。
単純に倒産とかしたら、顧客の資金もなくなっちゃいますからね。。

できれば、時間はかかっても顧客資産も無事に返却されるのが一番いいですからね。

それだけを願っております。

最後に、

ハッキングしたやつは早く返しやがれ!!ふざけんな!!


色々と話がごちゃまぜになりそうなので、個人的な感想をまとめてみました。

ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です