【画像付き】Ledger nanoS(レジャーナノS)のリカバリーフレーズからの復元方法。

クマです。

(Ledger NanoS)レジャーナノSのリカバリーフレーズからの復元を画像付きで解説します。

初期設定がまだの方はこちらの記事に書いてます。

【画像付き】初めてのLedger nanoS(レジャーナノS)!初期設定の方法を徹底解説!

LedgerNanoS(レジャーナノS)のバックアップ方法

まずPCに接続すると、

ようこそということで、
レジャーナノS

両方のボタンを同時に押すと始まるよ。と

使っている人はわかっていると思いますが、LedgerNanoS(レジャーナノS)は左右ののボタンで選択して、両方のボタンの同時押しが決定になります。

レジャーナノS

 

新しいデバイスとして設定しますか?

今回はあらかじめ持っているリカバリーフレーズからの復元なので、左の×を選択。左のボタンを押す。

レジャーナノS

設定を復元しますか?
はい、なので、右のチェックマークを選択。

レジャーナノ

ピンコードを入れてください。

 

レジャーナノ

あなたのピンコードを確認します。
もう一度ピンコードを入力。

レジャーナノ

リカバリーフレーズを入力してください。

復元する単語の数を選択する。

レジャーナノ

12、24、18の中から選択。

最近購入した人は24になっていると思います。

レジャーナノ

最初のワードを入力してね。
ここからが本番です。

 

レジャーナノ

以前、この紙に書いたリカバリーフレーズを入力していきますよ。

レジャーナノ

 

24個のリカバリーフレーズを手動でぽちぽち。。

レジャーナノ

全部手動で入力するのか。。と思いきや、2、3個アルファベットを入力した時点で、候補の単語が出てくるので、

そこから選択して決定。次の単語にいきます。

これを24個やっていきます。(面倒くさい。。)

ただ、入力中に候補が出てくるので思ったほど時間かかりませんでしたね。

だいたい10分ほどで入力終わりました。(それでも面倒くさいですけどね。)

全て入力すると、

あんたの端末準備できたよ!

よっしゃ!!

てなことで、

 

レジャーナノs

 

グーグルクロームでLedger Wallet Bitcoin等を起動させて、ウォレットの中身を確認してみましょう。

 

レジャーナノ

 

オッケー!
バッチリ復元できてました!!

ハードウェアウォレットを使っている人は一度はリカバリーフレーズからの復元をやってみたほうがいいですね。
万が一、単語一つでも間違ってたら目も当てられないので。。

リカバリーフレーズの保管はしっかりやりましょう!

レジャーナノSを購入する際の注意点

(Ledger NanoS)レジャーナノSはフランスのLedger社公式サイト、

もしくはレジャー社の公式HPにも掲載されている
正規代理店から購入しましょう。

ちなみにLedger社から直接買った方が、数千円は安く買えます。が、

海外からの発送になりますので、時間もかかりますし、

日本語のサポートが欲しいという方は正規代理店のEARTH SHIP社さんから買いましょう。


特にメルカリ、ヤフオク等の個人売買のサイトからの購入は絶対やめましょう。

流通段階で、ウイルス等を仕込まれるリスクにさらされますので、絶対にやめましょう。

日本の正規代理店EARTH SHIP社のサイトはこちら↓

EARTH SHIP社公式サイト

Ledger社公式サイトはこちら↓

Ledger社公式サイトはこちら

Ledger Nano S - The secure hardware wallet



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です