【画像付き】Ledger nanoS(レジャーナノS)のファームウェアアップデート(v1.4.1)やってみたよ。

クマです。

レジャーナノSのファームウウェアがアップデート(v1.4.1)されたので、やってみました。

備忘録的にまとめてみます。

今回のアップデートでは、今まで4〜5つくらいのコインしか入れられなかったものが、

一つのLedgerに最大18個の通貨が入れれるようになるようです。

ただ、実際には10~12個が一般的な数字のようですが、

普通に使ってたら十分でな数ですよね。

こちらのアップデートはセキュリティ的に必須とのことだったので持っている方は
必ずやりましょう。

レジャーナノSのファームウェアアップデート方法

まず、レジャーをPCに接続して、

Ledger Managerを起動します。

左の欄のの一番下、『FIRMWARES』を選択。

 

レジャーナノS

v.1.4.1のファームウェアをインストール。

レジャーナノS

レジャーナノS本体に『レジャーマネージャーを許可する?』と表示されるので、右ボタンを押して決定。

レジャーナノS

pcのLedger Manager側が「ファームウェアインストール中」になる。

レジャーナノS

『Update firmware』というメッセージがNano S上に表示される。

決定ボタンを押す前にここから順番に、

『Update firmware』→『Version 1.4.1』→『Identifier 〇〇(数字)』と表示されるので確認を。
(写真は最初のUpdate firmwareのみ。以降撮り忘れました。。)

『Identifier 〇〇(数字)』の英数字が、レジャーマネージャーの画面下部に表示されている 『Identifier』と一致していること確認する。そして右ボタンで決定。

レジャーナノS

すると、ピンコードの入力画面になるので、入力。

レジャーナノS

次はMCUのアップデート。

MCU firmware is outdated(MCUファームウェアも古いですよ)との事。

レジャーナノS

PCのレジャーマネージャーの方では

『レジャーウォレットを接続して始めてください』

との事なんですが、ここがちょっとわかりにくいですが、

レジャーナノSをパソコンから抜いて、レジャーナノS本体の左ボタンを押しながら、再度接続する。

レジャーナノS

上手くいくと画面に 『Bootloader』と表示されます。

レジャーナノ

レジャーマネージャーの方にはアップデート中の画面が表示されます。

レジャーナノS

レジャーナノSの方には『Processing…』と表示されるので終わるまで待ちます。

レジャーナノS

アップデートが完了するとピンコードの入力画面が出てきて完了です。

レジャーナノS

完了後は、レジャーナノS本体から『Settings』→『Device』→『Firmware』から今回のアップデートを確認。
Secure Elementは1.4.1、MCUは1.5が最新バージョンです。

レジャーナノS

確認できました!

これでファームウェアアップデート完了です。

ハードウェアウォレットの管理も大変ですね。。

 

ではクマでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です