【FX自動売買】証拠金量&含み損を抑えられる!トラリピのハーフ&ハーフとは?

雰囲気投資家のクマです。

FXの自動売買をする上で、自分が必ず使っている手法であるハーフ&ハーフについて紹介します。

クマ先輩

FXの自動売買にはすごく有用な考え方だよ!

ハーフ&ハーフとは?

ハーフ&ハーフとは、

マネースクエアが提供しているFXの自動売買システム、トラリピ のサイト上にに紹介されている自動売買の注文方法で、

簡単に説明するとレンジ相場の上半分に売りのトラリピ、下半分に買いのトラリピを仕掛けるという設定です。

トラリピ

ハーフ&ハーフのメリット

メリット
  • 証拠金の量が約半分に抑えられる
  • 安値圏で買いの設定、高値圏で売りの設定を行うため、含み損を抑えられる。
  • 証拠金の量が約半分に抑えられる

    一番のメリットは証拠金量が抑えられるという事ですね。

    ハーフ&ハーフの注文では、必要証拠金が、買い注文と売り注文のどちらか高い方しかかかりません。

    なので、同じレンジ幅で買い注文のみ、売り注文のみの場合と比べると約半分の証拠金量ですみます。

    例えば、ドル円で110円をレンジの中心値とした場合で見てみましょう。

    105円~115円の10円幅、上下に5円幅のハーフ&ハーフの注文を入れるとします。

    105円~110円に買いのトラリピ110円~115円に売りのトラリピを設定します。

    実際に注文した画面です。

    必要証拠金が買い注文が215,100円、売り注文の必要証拠金が225,100円ですね。

    この場合高い方の売り注文の225,100円のみが必要証拠金となります。

    約半分の証拠金量ですむことになりますね。

    含み損が抑えられる

    基本的に安値圏で買いの設定、高値圏で売りの設定を行うため、含み損を抑えられます。

    含み損は自動売買を行う上で必ずしも悪い事ではないんですが、想定以上に含み損が出るとロスカットの危険性が出てきますね。

    自動売買はレンジ内での値動きの中で利益をとっていくので、

    幅広いレンジで、証拠金が安く抑えられるハーフ&ハーフは長期運用に適しているFXの自動売買の設定だと思います。

    ハーフ&ハーフのデメリット

    デメリット
  • レンジを外れた場合の上下に損失リスクができる。
  • 売りポジション時のスワップの支払い分が発生する。
  • レンジから外れた場合上下に損失リスクがある

    設定したレンジから外れた際に、買い注文であれば下に、売り注文であれば上に損失リスクが発生しますが、

    ハーフ&ハーフの注文の場合は売りと買いの注文を入れているため、上下に損失リスクが発生します。

    売りポジション時にスワップが発生する

    FXは、通貨によって、金利差によるスワップが発生します。

    例えば、米ドルだと買いのポジションを持っていると、今日の段階では、

    買いのポジションを持っていると1万通貨当たり17円がプラス、

    売りのポジションを持っていると、62円マイナスとなります。

    ハーフ&ハーフは通貨に両方の注文を出すので、相場によっては、マイナスのスワップを払い続ける可能性がでてきますね。

    相場が動いている間は決済利益が出るので特に問題ないとは思いますが、

    高金利通貨だと、ちょっと気を付けた方がいいかもしれません。

    レンジの中心値を設定したら、マイナスのスワップが発生しないレンジにいる通貨だけ注文を入れるという事もありですね。

    ハーフ&ハーフの中心値の設定が難しい?

    ハーフ&ハーフをやる際に、悩むのがどこを中心値とするかですね。

    というのも、当たり前ですが、期間によって中心値は変わってきます。

    自分は大体5年~15年くらいのチャートを見て考えるんですが、

    通貨によっては、かなり幅があります。

    どの期間で中心をとるかで自分もかなり悩んでましたが、最近はそんなに気にしないで注文を入れる事にしました。

    レンジ内で、動いてさえくれていれば、どちらのレンジでもある程度利益はとれるんじゃないかと思ったのと、

    仮に、設定したレンジから外れてきたら、その段階で設定をやり直せばいいかなと思っています。

    (もちろん、その際は設定を追加する&証拠金が足りなければ追加する事は必要になりますが。)

    急激な値動きがなければ、レンジから外れてくるまでに利益も積み重なっていると思うので、

    あまり、気にしないことにしました。

    先のことは予測できないですからね。

    中心値の参考にどうぞ↓

    【自動売買FX】トラリピ等の自動売買で使える、過去の高値と安値からハーフ&ハーフの中央値を考えてみたよ!

    まとめ

    ハーフ&ハーフの考え方はトラリピではもちろん、

    他の自動売買でも、応用できる考え方なので、覚えておくとかなり有用だと思います(^^♪

    自分は、8ペア程運用していますが、基本的にこの考え方をベースに設定しています。

    一度やり方を覚えてしまえば、後は簡単なので、

    是非試してみてください!

    ~現在キャンペーン中!~
    マネースクエア
    【FX自動売買】トラリピの口座開設方法を詳しく解説!【画像付き】
    

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です