キャシュレスでお得生活! 各種Payのお得な使い方、基本情報!


【運用127週】ロボアド投資、THEO(テオ)の運用実績は+38,284円 (+12.76%)です。2019/2/11週

現在約500万円の運用成績を公開中の雰囲気投資家のクマです!(kumasenpai1)

先週のロボアドバイザーのTHEO(テオ)の運用実績です。

テオ運用を始めて2年6か月程が経ちました。

そして、先日、THEO(テオ)からTHEO+ docomo(テオプラスドコモ)に変更しました!

運用自体は何も変わらず、dポイントがもらえるので変更です(^^♪

変更した理由はこちらで詳しく書いています↓

THEO(テオ)からTHEO+ docomo(テオプラスドコモ)に変更!理由は至ってシンプルです。

2019/2/11週のロボアドバイザー運用実績

THEO(テオ)

(2016年9月から30万円スタート)

現在までの運用実績 +38,284円 (+12.76%)

テオは2年以上の運用なので、株式の暴落時もプラス益を維持し続けてくれています。

かなり下落していましたが、今年に入ってからの米国株の上昇により、戻してきてはいますね。

一時は+20%以上のプラスの状態でしたので、同水準くらいまで戻してくれるとうれしいですが。。

まー気にしてもどうにもならないので淡々とほったらかしですね(笑)

特にポートフォリオを変更するとかも考えていません。

長期でまったりとやっていきます。ロボアド投資はそーいうものですしね。

逆に、短期で利益を狙いたいなら、ロボアド以外で運用した方がいいですね。

THEOのポートフォリオ、運用方針

THEO

株式が約6割のポートフォリオです。

上記は自分のグロース(株式)の一覧です。

テオはかなり細かく、色々な銘柄に分散されていますね。

約2年の運用で現在約+10%の運用成績です。

運用方針は株式中心のリスク高めでの運用となっています。

リスク高めといっても世界中に分散投資されているので、そのリスクも限定的かなと思って運用しています。

自動で、ポートフォリオも組み替えてくれますし、

短期的には株式が暴落しても、長期で見ると順調に推移してくれるのではないかとと期待して自動でお任せで運用していきます。

テオは1万円から始められるので、

まず、どんなものか試してみたいという方にも少額で始められるのでおススメです♪

THEOの無料診断を受けてみる

テオについてはこちらでも詳しく書いていますので参考にどうぞ。

THEO(テオ)のメリット、デメリット、2年以上の運用成績と共に紹介!【ロボアドバイザー投資】

10月の暴落時の下落率、回復率をウェルスナビとテオで比較して、自分の実績から検証しています。

【テオ&ウェルスナビ比較】気になっていた10月の暴落による暴落率&回復率を自分の実績から調べてみたよ!

そして以前、ちょっと気になってテオとウェルスナビの出金にかかる時間を記事にしました。

基本的には長期投資なので出金はしないつもりですが、普通に預金替わりなるかもと思いちょっと調べてみました。

出金にかんしてはウェルスナビの方がシンプルで分かりやすいです。

詳しくは↓の記事をどうぞ。

THEO(テオ)&Wealthnavi(ウェルスナビ)の出金にかかる時間はどのくらい?

積立NISA&ポイント投資は是非やろう!

ロボアド投資を始めている人、始めようと思っている人はポイント投資&積立NISAもぜひやりましょう!

これはなぜかというと、投資を始めるにあたって、資金的なハードルが低いですし、メリットも大きいです。

つみたてNISAは100円から積立ができまし、

ポイント投資に至ってはは元手0円からスタートできます。

積立NISA、NISAに関しては、売却益が非課税になるメリットもありますので、資産運用を行う上ではまず活用しておきたい部分ですね。

ちなみに楽天証券を利用すれば、積立設定をするだけで3%ポイント還元される仕組みもあります。

つみたてNISAは楽天証券!毎日積立で3%還元!メリットが圧倒的!

ロボアド投資は自分のリスク許容度に合わせて自動で資金を配分してくれる素晴らしいサービスですが、唯一の欠点と言える部分が手数料が、積立NISAで買えるインデックス投資に比べると割高という事があります。

もちろん、全てを自動でやってくれるという最大のメリットがロボアド投資にはありますので、単純に割高とはいえませんが、

自分で調べられる場合は、積立NISAで投資信託を組み合わせることでより割安な手数料で運用することも可能です。

そうなってくると、自分である程度考えて投資行動を取らないといけなくなりますので、

積立NISAやポイント投資て少額から、運用を始めてどういうものかを少しづつ勉強していくのはおススメです。

いずれにせよ積立NISAの非課税のメリットは大きいので、是非活用することをおススメします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です