【やらなきゃ損!】つみたてNISA&楽天証券&楽天銀行で毎日3ポイント以上をもらう方法。

現在約500万円の運用成績を公開中の雰囲気投資家のクマです!(kumasenpai1)

最近、積立NISA口座を楽天証券に変更したんですが、変更した大きい理由の一つに、毎日の積立でポイントがもらえるという事があります!

投資初心者のタマ

積立NISAで積立すると毎日ポイントがもらえるの?よくわかんない。。

クマ先輩

積立NISAで100円を毎日積み立てると楽天ポイントが毎日3ポイントもらえるんだよ!順をおって説明するね!

特に現在、積立投資をやっている人は必見です。

積立NISAと楽天証券と楽天銀行を組み合わせて毎日100円積み立てをすれば、毎日3ポイントが獲得できます。

還元率3%。これは大きいですね!

これから積立NISAを始めようと思っている人、現在すでに積立で、投資信託を買っているという人もこれをやるだけでお得になりますので、是非やりましょう!

まずは準備として、以下の3つが必要になります。

  • 楽天証券の口座
  • 楽天銀行の口座
  • 楽天証券での積立NISAの口座

楽天銀行、楽天証券の口座を開設していない人はまず、口座開設から始めましょう。

積立NISAは証券口座開設後に手続きできます。

もちろん、口座の維持費等は一切かかりませんよ!

つみたてNISA&楽天証券&楽天銀行で毎日ポイントをもらう方法とは?

全体像を説明すると、

まず「マネーブリッジ」という、楽天銀行と楽天証券を連携させるサービスを設定することで、

積立の引き落としで楽天ポイントが貯まるようになります。

これは、楽天銀行の「ハッピープログラム」というサービスで、取引回数に応じて楽天ポイントが貯まる仕組みです。

他にもATMの無料利用回数、他行への振込手数料の無料回数がランクによって決まってきます。

上の画像を見てもらうとわかりますが、取引件数20件以上でVIPになるとポイント獲得倍率が3倍になります。

通常100円につき1ポイントなので、3倍だと100円で3ポイントが獲得できるということですね。

毎日引き落としの設定を行えば、(100円から可能。)取引20回以上は達成できるので、簡単にVIPのステージになれます。

(土日祝は市場が休みなので月あたり大体20回の取引になります。)

VIPステージになると1回の取引で3ポイントもらえるようになり、月に約60ポイントが貯まります。

さらに、この積立は別の銘柄で100円で積み立てる事も可能なので、2つで積立すると約40回の取引回数になり、月に120ポイント程が貯まり、ハッピープログラムのランクもスーパーVIPとなりますね。

そうなるとATM利用の無料回数が最高の7回、と楽天銀行の利用勝手もさらによくなります。

積立の数は増えるほど、取引回数が増え、ポイントも加算されるので自分の資金量と相談して決めましょう!

楽天証券での注文方法はこちらの楽天証券でつみたてNISAスタート。注文の流れも画像付きで解説。【毎日積立】で解説していますので

参考にしてみてください!

投資をやるうえで3%は大きい

投資、資産運用をやるうえで、3%は大きい数字ですし、

投資を行う以上、成績はプラスになったりマイナスになったりするわけですが、

それが、積立をするだけで3%分のポイントがもらえるわけなので、非常にお得ですし、リスクヘッジにもつながります。

そして、貯まったポイントはそのまま投資に使う事もできるので、投資に使う現金の割合も減らせて、かなりお得に運用できてしまいます!

そのまま運用に回していくと複利の効果も狙えますね。

注意

ポイントを投資に使う場合は楽天銀行からの引き落としではなくなるので、

ハッピープログラムでの取引回数とそれに応じたポイントは入らなくなります。

また積立の際のポイント利用設定は設定しないにしておかないとポイントから優先的に買付するようになってしまうので、ポイントを投資で使う場合は手動で行いましょう。

積立NISAで積立をする投資信託は何にする?

これは、もちろん自分の好きな銘柄を買えばいいんですが、

参考までに自分が積立をしている物、もしくはそれと同じような値動きをするものを紹介します。

自分の場合は、投資信託ではそんなにリスクをとらない事にしているので、

基本的には世界株式、米国株式のインデックスに連動するものを選んでいます。

世界的に経済成長する事を前提にすると定期的に暴落等はあるにしても長期的には上昇してくれるんじゃないかと思っているからですね。

具体的には、

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)が米国全体に投資をするイメージですね。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)はその名の通り日本株を除く全世界株式への投資、

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)は日本を含めた全世界株への投資というイメージです。

残念ながら積立NISAでは対応できませんが、よりリスクを減らしてポイント分はなるべくプラスにしたい!という人はこういう方法もあります。↓

楽天証券でほぼノーリスクで楽天ポイント還元分を獲得する方法。

まとめ

もともと自分は別の証券会社でNISA口座を開設していたんですが、

楽天の投資周りのサービスが急激に充実してきたので、勢いに負けて楽天証券に変更しました。

今回紹介した積立によるポイント獲得や、クレジットカードを使ってのポイント投資、

今回積立設定したこと(マネーブリッジによる連携)で、楽天銀行では、普通預金の金利0.1%と優遇されたりと、

かなりサービスが充実しているのを感じています。

ポイントで幅広く投資ができるのは楽天証券だけなので、楽天証券、楽天銀行の口座は持っておいて損はないと思います。

というか、正直かなりおすすめです !



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です