THEO(テオ)で資産運用!直接聞いて分かったテオの強みとは?

テオ 資産運用

クマ先輩

THEOの運営会社である、株式会社お金のデザインに伺ってTHEOについて色々と話を聞いてきたよ!

代表取締役社長、CEOの中村さんから、THEO(テオ)について色々と話が聞けました!

かなり、詳しく話が聞けたので、特に個人的に面白かった所、気付いた所、腑に落ちた所等を紹介します!

リターンをベースではなく、リスクをベースに考えている

テオ 資産運用

まず、THEOの運用はリターンをベースで考えるのではなく、リスクをベースに考えているというお話が印象的でした。

「言い方を変えるとすこし臆病な運用とも言えるかもしれないですね。」

ともおっしゃってましたね。

テオの運用スタッフはリーマンショックの経験者もいるとの事で、リターンを最大に追い求めるというより、リスクへの対応を意識しての運用を行っているというお話でした。

そしてこれは、個人的に正直腑に落ちるというか、納得が言った部分でもあるんですが、

以前に、株価が暴落した時にテオとウェルスナビで下落率と回復率を比較してみたことがありまして、

クマ先輩

テオは下落率が抑えられていたんだよ!

関連記事>>【テオ&ウェルスナビ比較】気になっていた10月の暴落による暴落率&回復率を自分の実績から調べてみたよ!

比較した時は、株式比率がウェルスナビの方が多い配分だったので、単純に下落が抑えられているのかと考えていましたが、

恐らく、テオの運用方針も関係しているのかなと。

そして、個人的にはこのリスクをベースにした臆病な運用と言える部分は好感が持てました。

ロボアドバイザーは、あくまでも長期運用でじっくりと資産を守りながら、利益も出してくれるのが理想だと思うので、

リスクをベースに考えての運用というのはものすごくしっくりきました。

投資でリターンを求めるのであれば、ロボアドバイザーではなく、他の投資を行った方がいいですからね。

クマ先輩

リスクを抑えてじっくりと運用してほしいね!

テオはインデックス投資ではない?スマートベータ戦略?

ここは、私も勘違いしていた部分なんですが、

テオはスマートベータ運用といって、パッシブ運用とアクティブ運用の中間と言える運用を行っているとの事でした。

クマ先輩

なので、単純にインデックスに連動した投資信託と比べるのもちょっと違うんだなぁと感じたよ!

現に、テオは過去3年間の成績で株式(グロース)の部分で、先進国株式で構成されるのMSCI-KOKUSAIインデックスの成績を上回っていて、

トータルで見ても手数料控除後で、各インデックスの指数を1.7%上回る成績であるとの事でした。

テオ 資産運用

スマートベータを使って、テオはインデックスを上回る運用を目指しているという事ですね。

MEMO

このスマートベータは公的年金でも採用されていて、

世界最大級の年金基金であるTIAA(全米教職員年金保険組合)や、

日本のGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)でも採用されているとの事でした。

身近な所でも活用されているんですねー。

クマ先輩

我々の年金も運用にも採用されているんだね!知らなかった!

テオプラスの手数料値下げは?

先日、テオではTHEO Color Palette(テオカラーパレット)という積立&口座残高によって手数料が、下がる画期的なサービスが発表されました。

こちらに関してはこちらの記事で詳しく説明していますので、是非お読みください。

THEO(テオ)の手数料が安くなる!ロボアド新時代へ突入。最大35%オフ!

このTHEO Color Paletteは、現在、本家テオのみの対応という事で、テオプラスのユーザーは対象外なんですよね。

という事で、

クマ先輩

今回の手数料値下げがテオプラスに適用される時期は決まっているんですか?

と聞いてみた所、

「テオプラスに関してはTHEO Color Paletteの適用は現在未定です。」

との回答でした。テオプラスに関しては直近での対応予定はないようですね(´;ω;`)

クマ先輩

テオプラスユーザーは対応を待ちましょう。

THEO AIアシストで下落幅を抑制

これは、AIが世界中のニュース、ブログやSNSといった自然言語情報、市場データから、

対象銘柄やポートフォリオが大きく下落する判断した場合、下落リスクのある銘柄の比率を引き下げ、保守的なポートフォリオに変更する機能との事。

クマ先輩

簡単に言うと、AIが大きく下落すると判断した場合、自動でポートフォリオを保守的に変更して下落幅を抑える機能という事だね!

ちなみにこの機能は現在までまだ一度も発動しておらず、

「まーこれに関しては発動しない事が一番ですからね。」

とのお話でした。

クマ先輩

うん、そりゃそーだ。

ちなみにこのAIアシスト機能は、現在国内のロボアドバイザーの中でテオ唯一の機能になります。

クマ先輩

冒頭でも話した、リスクをベースに考えているというTHEOならではの機能という感じだね!

個人に合わせたきめ細かい運用

毎月のリバランスをやってくれているのは知っていたんですが、それ以上に色々と調整してくれていました。

おまかせでほったらかしで運用できるテオですが、ただETFを購入しているだけではなく、かなり細かく資産のバランスを調整してくれています。

THEOが行うきめ細かい運用
  • 月に1回のリバランス(市場の動きによってずれてしまった投資配分を元に戻す)
  • 3か月に1回のリアロケーション(投資するETFとその配分を見直す)
  • それに加え、THEOにおまかせで運用している人には、

  • 市場の変化に合わせて各機能ポートフォリオの配分を調整してくれるリクリエーション(年に1回)
  • 年齢の変化に合わせて各機能ポートフォリオの配分を調整してくれるリプロファイリング(年に1回)
  • と、ほったらかしていても、かなりきめ細やかな運用をしてくれます。

    クマ先輩

    正直ここまでやってくれてるんだなという印象!

    もちろん投資、資産運用に明るい人、自分で色々と調べて投資できる人、納得してポートフォリオを組める人はそれでいいと思いますが、

    そんな人は少数だと思うので、ほったらかしでこれだけやってくれるのは素直にすごいなと感じました。

    クマ先輩

    クマみたいに投資が趣味みたいになっている人は少数派だからね。。

    まとめ

    今回、THEOについてかなり詳しく話が聞けて、ずいぶん印象が変わりましたね。

    正直、ロボアドバイザーってどこでやっても同じ感じでしょ?くらいに思ってましたが、

    個人個人にあったポートフォリオの組み方、リバランスやリアロケーション等、かなり細部にわたって、個人のニーズに寄り添った設計をしているんだなぁと感じました。

    テオのポートフォリオは最大30種類以上の組み合わせ、世界86ヶ国、11,000銘柄への投資と、他社と比べるとかなり幅広く、細かいです。

    以前は、そこまで細かくする必要はあるのかなとも思っていましたが、

    今回直接お話を聞いて、かなり細かく設定されている意味も分かりました。

    今回の手数料値下げの件もあり、かなり運用先として魅力的だなと感じています。

    クマ先輩

    手数料の値下げもあって、競合他社の中で完全に一歩抜け出ているね!

    やはり、直接あって、詳しく話を聞くことも大事ですね。

    全然理解が足りてなかったです(;^_^A

    ちなみに現在の私運用実績はこちら。

    テオ 資産運用

    テオで運用を始めて約2年半ですが、約14%の含み益がでていますね。

    クマ先輩

    順調に運用してくれているよ!

    今回の話で興味がでた!という方は、是非THEOをチェックしてみてくださいね。

    これだけの事をしてくれていて、1万円からスタートできるのは大きい魅了ですね♪

    5つの質問に答えるだけで、最適なポートフォリオ(運用資産の構成)を作ってくれますので、

    まずは、試してみるといいと思いますよ♪

    

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です