ビットコインの取引所、送金手数料比較。ビットコインの送金手数料とは?

クマです。

ビットコインの送金手数料を国内取引所4か所で比較してみました。

1000を超える種類のアルトコインがありますが、ほとんどの通貨はBTCがないと買えません。

ということで、実は結構バカにならない送金手数料を国内取引所比較してみました。

安い順から見ていきましょうー。

※BTC=1200000円で計算。

ビットコイン(bitcoin)送金手数料の国内取引所比較

QUOINEXはビットコインの送金手数料無料!!

これ、今回調べてみて気付きました。(クマ気付いてませんでした笑)

いいですね。ただ、注意点がありまして、

QUOINEXは送金する際に、最低でも1営業日はかかります。

(送金依頼をして、quoine側でそれを確認した後に送金処理をするため。)

大体の取引所は買ってすぐ送金できる(ブロックチェーン上にのせる)ので、送金に時間がかかるという意味ではマイナスですが、特に急がないときには使わない手はないですね。

BitFlyer
0.0008btc(900円くらい)

3/13追記。0.0004btcに改定されました。

上記は最低送金手数料。早く送金したい場合は金額を増やせる。

Zaif
0.001btc(1200円くらい)

3/13追記。送金の初期設定値が0.0005btcに改定されました。

ザイフは最初の設定は0.0005btcですが、手動で0.0001btcまで下げれます。

ビットコインの仕組み上、もちろん高い方が早く送金できる可能性が高いですが、安く設定しても運が良ければ10分とかで着金したりもします。

クマはいつも余程の事がない限り最低手数料で送金してます。

Bitbank

0.001btc(1200円くらい)上記の金額固定。

最近は海外の取引所も大体0.001くらいですね。

ちなみに海外取引所だと

Binance

0.001btc

kucoin

0.001btc

bittrex

0.001btc

poloniex

0.0005btc

こんな感じです。poloが他の所より安いですね。

こちらの手数料、あくまで最低送金手数料です。なので、1BTC送っても、0.01BTC送っても同じです。

なので、正直、少額で送金を繰り返すと割合的に結構な金額になります。

例えば0.01BTC(約12000円)送るのに0.001BTC(1200円)約一割も手数料で引かれちゃいますね。

ビットコインって送金安いって聞いてたんだけど高くない?

はい、テレビ等でもよく、ビットコインの利点の一つとして説明してましたよね。

確かにちょっと高い。

ちなみに今回比較した手数料は、取引所からの送金なので、

ビットコインの送金手数料とは別に取引所の手数料もプラスされてます。

現状ビットコインのウォレット間の送金だと0.00005(60円くらい)とかでも十分送金できます。(10分から数時間以内には着金する。個人的には0.00001btc(30円くらい)でも送金したりします)

これだと十分安いかなと思いますね。

↓現在のビットコインの取引の処理状況。
https://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions



 

 

 

 

 

現在、6000弱の未確認取引と出てますね。

このくらいの水準だと安い手数料でも問題ないです。

ちなみに年末年始の仮想通貨が暴騰した際にはトランザクション(取引履歴)が詰まりまくって、

未確認取引件数が20万をこえてビットコインの送金手数料がものすごく高騰&送金が遅い状態になってました。

簡単に言うと5000円くらいの手数料払っても送金に数日から1週間とかかかる。安い手数料だと永遠に処理されずに1か月くらいしたら処理されずに戻ってきてました。)

なので、取引所の手数料もそれに合わせて高くなってしまっているままなのが現状だと思います。

(11月くらいはZaifでも0.0001btcで送金できた。)

最近は未確認トランザクションも落ち着いているので、取引所も手数料安くしてほしいですね。

また、ビットコインは新しい技術の導入で送金手数料が安くなる仕組みもできてきていますが、幅広く取引所に導入されるのにはまだ時間かかりそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です