dポイント投資とは?値動きが予想できる?やり方は?

投資に興味はあるんだけど、かといって何から始めていいのかわからない。。

そんな人におススメなのがこのdポイント投資です!

手持ちのdポイントを運用してくれるサービスで、dアカウントがあれば簡単に始められます。

クマ先輩

ドコモの回線契約は不要!誰でもスタートできるよ!

そして、dポイント投資は、現在値動きがある程度予想できる状態にあるので、その話も書いています。

投資初心者のタマ

え、それはむっちゃ気になる。。

dポイント投資とは?

dポイント投資とは、手持ちのdポイントを預けるだけで自動で運用してくれます。

ポイントで気軽に投資体験ができるサービスで、2018年5月からスタートしています。

ドコモがTHEO(テオ)というロボアドバイザー投資(自動で資産運用してくれるサービス)と提携して、始まったサービスですね。

クマ先輩

クマもサービス開始当初からやっているのだ!

口座開設不要、100ポイントから投資できる!

このdポイント投資は口座開設が不要で、アカウントを作るとすぐにスタートできます。

そして100ポイントからスタート出来て、追加も引き出しもいつでも可能です。

この手軽さはいいですね。

ポイントでの運用なので、マイナスになってもそこまで痛手にはなりませんし、手軽に投資体験ができていいですよね。

MEMO
期間・用途限定のdポイントは運用できません。

選ぶのはアクティブコースとバランスコースの2種類

アクティブコースは、債券よりも株式に比重を置く投資プランになるため、リスクをとってリターンを目指すコースになります。

バランスコースは、逆に株式よりも債券に比重を置くプランなので、リスクも低いけどリターンも低いというコースですね。

MEMO
具体的にはグロース(株式):インカム(債権)の割合が、

  • アクティブコースは80:20
  • バランスコースは45:55
  • という配分になっています。

    この2つのコースですが、いつでも変更が可能なので、始める際は特に気にせずスタートしましょう!

    dポイント投資は予想できる?勝ち方は?

    現在、dポイント投資はかなりの確率で予想できる状況にあります。

    dポイント投資の値動きは毎日17時に行われます。(土日祝はお休み)

    この17時の段階でのみ値動きするというのがポイントで、

    dポイント投資のアクティブコースはグロース(株式)が80%、債権がインカム(債権)20%となっており、株式の割合が高いです。

    という事で、前日の株式の値動きを確認していれば、ある程度予測ができます。

    dポイント投資の株式からの予想

    当日、NYダウとNASDAQ(米国株式)、日経225(日本株式)辺りの前日の株価をチェック。

    株価が上昇→dポイント投資も上昇。

    株価が下落→dポイント投資も下落。

    それに加えて、dポイント投資の値動きの基準になる上記の株式はドル建ての商品なので、為替の影響も受けます。

    dポイント投資の為替からの予想

    当日10時のドル円ドル円の価格(仲値)をチェック。

    円安になる(ドル高)→dポイント投資も上昇。

    円高になる(ドル安)→dポイント投資も下落。

    この2つから当日17時までに、ポイントを追加するか引き出しするかをを判断します。

    もっとざっくりいうと、前日の米国株式(主にNYダウ)が上がっていれば、当日のdポイント投資もあがるかなぁくらいで結構予測できます(笑)

     

    どっちに動くか微妙な場合は、全て引き出しておけばマイナスにはなりません。

    難しいし、面倒だなという人は、最近はブログやツイッターで毎日予想してくれている人がいるのでそちらを参考にするといいですよ。

    MEMO

    以前は毎日全額ポイントの追加も引き出しができていましたが、

    12月に制度が変更され、現在は引き出しは全額可能ですが、追加は一日2000ポイントまでと上限があります。

    (THEO+ docomoで積立設定をしている人は10000ポイントまで可)

    ポイントを大量に保有している場合

    ほとんどの方がそんなに大量にdポイントを持っているわけではないと思うので、

    上記の方法で出し入れすれば問題ないと思いますが、

    追加の上限が2000ポイントと少なくなったので、連騰でポイントを積み上げていた後、下落する日に全額引き出してしまうと、

    次の日もし上昇する際には、2000~4000ポイントからのスタートとなり、ちょっと残念ですね。。

    MEMO
    引き出した日も17時以降に追加できるので、引き出した場合でも、前日、当日合わせて4000ポイントまでは追加可能。

    なので、様子を見てバランスコースに変更して乗り切るという方法もアリですね。

    バランスコースはグロース(株式)が45%、インカム(債権)55%と債券の割合が大きいので、値動きも少なくなります。

    下落しそうな日にはバランスコースで、上昇しそうな時はアクティブコースという運用も、運用ポイントが大きい場合は有効だと思います。

    もちろん、ちょっとでもマイナスになりたくない!という場合は全額引き出せばオッケーです。

    まとめ&個人的な見解

    このdポイント投資は、今後間違いなく制度変更があると思います。

    現状かなりの確率で勝てる状態ですからね(;^_^A

    12月に追加ポイントに上限が設けられたことで、大きく稼げる状況ではなくなりましたが、マイナスになることはほぼないですからね。。

    まー制度が変わるまでは、なるべく増やせるように毎日チェックしていきたいと思います。

    私はTHEOで2年以上運用していますが、最近dポイントがもらえるのでTHEO+ docomoに変更しました。

    変更は簡単にできるので、THEOで運用中の人は検討してみてはいかがでしょう。

    こちらの記事で、解説しています。

    THEO(テオ)からTHEO+ docomo(テオプラスドコモ)に変更!理由は至ってシンプルです。
    

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です