キャシュレスでお得生活! 各種Payのお得な使い方、基本情報!


つみたてNISAは楽天証券!毎日積立で3%還元!メリットが圧倒的!

現在約500万円の運用成績を公開中の雰囲気投資家のクマです!(kumasenpai1)

私、クマ先輩はNISA口座を別の証券会社で開設していたんですが、楽天証券に変更しています。

変更した大きい理由の一つに、毎日の積立でポイントがもらえるという事があります!

注意

※2019年6月13日追記。楽天銀行から「ハッピープログラム対象条件の変更」が発表されました。

この記事で紹介している毎日100円積立で3%還元は2019年6月26日から変更になり、還元は受けられなくなります。

ハッピープログラムの対象、取引件数のカウント条件および、ポイントの獲得条件変更 に関するお知らせ
非常に残念です。。

投資家クマ先輩クマ先輩

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

ん?楽天証券でつみたてNISAで積立すると毎日ポイントがもらえるの?
これは本当におススメですので是非最後まで読んで欲しいです。。!!

投資家クマ先輩クマ先輩

特に現在、積立投資をやっている人は必見です。

積立NISAと楽天証券と楽天銀行を組み合わせて毎日100円積み立てをすれば、1銘柄につき、毎日3ポイントが獲得できます。

還元率3%。これは大きいですね!

これから積立NISAを始めようと思っている人、現在すでに積立で、投資信託を買っているという人もこれをやるだけでお得になりますので、是非やりましょう!

他にも楽天証券でつみたてNISAをおススメする理由がありますので紹介していきます!

楽天証券でお得につみたてNISAを運用する上で、以下の3つが必要になります。

  • 楽天証券の口座
  • 楽天銀行の口座
  • 楽天証券での積立NISAの口座

楽天銀行、楽天証券の口座を開設していない人はまず、口座開設から始めましょう。

積立NISAは証券口座開設後に手続きできます。

もちろん、口座の維持費等は一切かかりませんよ!

~つみたてNISAは楽天証券×楽天銀行が圧倒的にお得です!~
※同時に楽天銀行の開設も可能です。

楽天証券のつみたてNISAで3%還元を受ける方法とは?

全体像から解説します。

まず「マネーブリッジ」という、楽天銀行と楽天証券を連携させるサービスを設定することで、

楽天銀行からの積立資金の引き落としで楽天ポイントが貯まるようになります。

これは、楽天銀行の「ハッピープログラム」というサービスで、取引回数に応じて楽天ポイントが貯まる仕組み。

この設定を行うだけで、つみたてNISAの積立、一回の取引ごとに、ポイントが加算されます。

ハッピープログラムは、他にもATMの無料利用回数、他行への振込手数料の無料回数がランクによって決まってきます。

つみたてNISA 楽天証券

100円積立で毎日3ポイントを獲得するには、ハッピープログラムのランクをVIP以上にする必要があります。

上の図を見てもらうとわかりますが、取引件数20件以上でVIPになるとポイント獲得倍率が3倍になります。

プレミアム以下だと100円につき1ポイントですが、3倍になると100円の積立で3ポイントが獲得できるということですね。

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

なるほど、VIP以上のランクで毎日つみたてを行うと100円の積立毎に3ポイントもらえるってことなんだね!

そう!そして毎日100円のつみたてNISAの引き落とし設定を行えば、取引20回以上は達成できて、簡単にVIPのランクになれる!

(土日祝は市場が休みなので月あたり大体20回の取引になるので。)

投資家クマ先輩クマ先輩

VIPステージになると1回の取引で3ポイントもらえるようになり、毎日100円積立を行うだけで、(100円×約20日間で、月に約2000円)

月に約60ポイントが貯まります。

さらに、この積立は別の銘柄で100円で積み立てる事も可能なので、

2つで積立すると約40回の取引回数になり、月に120ポイント程が貯まり、ハッピープログラムのランクもスーパーVIPとなりますね。

月に5000円以下の積立でスーパーVIPに簡単になれちゃいます!

投資家クマ先輩クマ先輩

そうなるとATM利用の無料回数が最高の7回、と楽天銀行側の使い勝手もさらによくなります。

積立の数は増えるほど、取引回数が増え、ポイントも加算されるので自分の資金量と相談して決めましょう!

MEMO

ハッピープログラムの対応取引は一日15件までになりますので、仮に毎日15件積立を行えば、

20日×15件×3ポイントで最高で月に900ポイント程が貯まるようになりますね。

※つみたてNISAの枠は年間で40万円まで。毎月33,333円までが運用出来ます。

月の営業日が大体20日間なので、毎日100円×15件の積立(30000円)でほぼ消化可能。

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

つみたてNISAで積立してるだけでポイントが3%分還元されるってすごいね。。!

同じ投資信託の積立なら楽天証券がかなりお得!

こういうサービスは楽天証券にしかないです。。!

投資家クマ先輩クマ先輩

では、実際の注文画面と共に楽天証券でのつみたてNISA注文方法を解説していますので参考にしてみてくださいね!

楽天証券つみたてNISA注文方法

楽天証券にログイン、トップページから投信を選択。

(上部メニューのつみたてNISAからでも注文可能です。やることは同じです。)

つみたてNISA 楽天証券

積立注文を選択。

つみたてNISA 楽天証券

次に投資信託の銘柄を選択します。

銘柄名等で検索して選びましょう。

つみたてNISA 楽天証券

ちなみに今回積立するのは「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」です。

米国株全体に投資するというイメージですね。

つみたてNISAの銘柄選びで迷う方はこちらの記事を参考にしてみてください。

※eMAXIS SlimシリーズはつみたてNISAに9本の銘柄が入っています。

信託報酬(手数料)も業界最低水準ですのでおススメですよ。

eMAXIS slim(イーマクシススリム)でつみたてNISA。各シリーズを簡単に一言で紹介!

投資する銘柄が決まったら、注文の種類を決めます。

つみたてNISA 楽天証券

今回はつみたてNISAの積立注文を選択。

次に、引き落とし口座等の設定に入ります。

つみたてNISA 楽天証券

引き落とし口座を証券口座にします。

MEMO

ちょっと勘違いしやすい所ですが、

ここは楽天銀行ではなく証券口座を選択します。

引き落としを証券口座にし、自動スイープで楽天銀行から買付を行う事で取引件数がカウントされ、ハッピープログラムの優遇(ポイント還元)が受けれます。

つみたてNISA 楽天証券 つみたてNISA 楽天証券

積立タイミングは毎日を選択。

積立金額は100円、分配金コースは再投資型を選択。

※配当型でも構いませんが、長期的な運用であれば再投資型での運用がおススメです。

NISA枠の増額は年の途中から始めた場合に枠を上限まで利用したい場合に選択しましょう。

つみたてNISA 楽天証券 つみたてNISA 楽天証券

ポイント投資は利用しないを選択。

MEMO

今回は楽天銀行でのハッピープログラムの適用でのポイント還元を受けるため、ポイントは利用しません。

自動スイープ機能で楽天銀行からの買付をしないとハッピープログラムの件数にカウントされないためですね。

 

目論見書を確認をクリック。

目論見書は投資する商品の説明書のようなものです。

つみたてNISA 楽天証券

閲覧して注文内容確認をクリック。

つみたてNISA 楽天証券

今までの内容を確認して取引暗証番号を入力して設定完了です。

積立NISAの投資信託は何にする?

投資信託を購入する上で注意すべきことは、購入手数料、信託報酬などの支払わなければいけないコストを限りなく少なくすることです。

特に買付手数料は0円のもの、いわゆるノーロード(買付手数料が0円)の投資信託を選びたいですね。

つみたてNISAの対象となっている投資信託は金融庁が「長期」「積立」「分散」投資に適していると判断した投資信託のみです。

つみたてNISAの対象商品はノーロードのものしかありませんし、信託報酬も一定水準以下のものがあらかじめ選ばれています。

参考 つみたてNISAとは?金融庁

投資初心者のタマ投資初心者のタマ

なるほど、国の基準をクリアした商品が選ばれているのは少し安心できるかも。
もちろん利益が出る事を保証しているわけではないけど、信託報酬が低い優良な投資信託が選ばれているとはいえるよね!

投資家クマ先輩クマ先輩

参考までにわたしが積立をしている投資信託、もしくはそれと同じような値動きをするものを紹介します。

基本的には世界全体の株式、米国株式のインデックスに連動するものを選んでいます。

世界的に経済成長する事を前提にすると定期的に暴落等はあるにしても長期的には上昇してくれることが期待できるからですね。

具体的には、

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)が米国全体に投資をするイメージですね。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)はその名の通り日本株を除く全世界株式への投資、

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)は日本を含めた全世界株への投資というイメージです。

残念ながらつみたてNISAでは対応していませんが、よりリスクを減らしてポイント分はなるべくプラスにしたい!という人はこういう方法もあります。↓

楽天証券でほぼノーリスクで楽天ポイント還元分を獲得する方法。

3%は大きい

投資、資産運用をやるうえで、3%は大きい数字です。

こちらが1か月あたりの毎月の積立数による還元ポイント数の表です。

銘柄の積立数積立必要額(100円×20日)還元ポイント
12000円60
24000円120
36000円180
48000円240
510000円300
612000円360
714000円420
816000円480
918000円540
1020000円600
1122000円660
1224000円720
1326000円780
1428000円840
1530000円900

もう一度言いますがこれは1か月あたりの還元です。

15銘柄、30000円の積立を行うと毎月900円分のポイントがもらえます!

年間だと10800円。。!

これは他の証券会社でつみたてをやってももらえない部分ですからね。楽天証券、、恐るべし。。!

もちろん無理して15銘柄の分散して投資する必要はありませんので自分の運用資金に回せる金額で始めましょう!

投資家クマ先輩クマ先輩

特につみたてNISAでの運用はインデックスファンドでの運用になるので、

長期的に年利3~8%程を狙う運用になるかと思います。(過去のインデックスファンドの運用実績がこのくらい)

投資を行う以上、成績はプラスになったりマイナスになったりするわけですが、

それが、積立をするだけで3%分のポイントが還元されるわけなので、非常にお得ですし、リスクヘッジにもつながりますね。

そして、貯まったポイントはそのまま投資信託の購入に利用できるという最強コンボ。

そのまま運用に回していくと複利の効果も狙えますね。

楽天証券をおススメする理由が分かってもらえると思います!

投資家クマ先輩クマ先輩

注意

ちなみにポイントを再投資に使う場合は楽天銀行からの引き落としではなくなるので、

ハッピープログラムでの取引回数とそれに応じたポイントは入りません。

また積立の際のポイント利用設定は設定しないにしておかないとポイントから優先的に買付するようになってしまうので、ポイントを投資で使う場合は手動で行いましょう。

楽天証券でつみたてNISAを行うメリット

楽天証券でつみたてNISAを行う最大のメリットはここまでで紹介したハッピープログラムを活用した方法をまずおススメします!

他にも楽天証券でつみたてNISAを行うメリットはありますので紹介します!

楽天カードで購入で1%還元!

クレジットカードの楽天カードで投資信託を購入で1%のポイントバックが受けれます!

上限は月額50,000円まで、そのうちの1%分が楽天スーパーポイントで付与されます。

月に最高500円分、1年間で6,000円分!

もちろんつみたてNISAの銘柄も購入可能です!

MEMO
つみたてNISAの投資上限は年間40万円までなので、満額クレジットカード決済で購入すると、4000円分が還元されます。

つみたてNISAで活用する場合はハッピープログラムの活用を優先して、残りをクレジットカード決済で消化するという方法がおすすめできますね。

ポイント還元を受けるには楽天カードが必須です。まだ持っていないという方は是非作成することをおすすめします。

年会費無料!楽天カードの登録はこちら

※現在5000円相当のポイントがもらえます。

楽天カードは、ポイント投資での利用、日常での利用でもお得な事が多いので必須のクレジットカードです!

投資家クマ先輩クマ先輩

保有している投資信託10万円ごとに4ポイント

楽天証券では投資信託を10万円の保有ごとに楽天スーパーポイントが4ポイントもらえます。

こちらはハッピープログラムの一環で、楽天銀行と楽天証券をマネーブリッジで連携させるだけで対象になります。

保有しているだけでもらえるので嬉しいですね。

楽天銀行と楽天証券の連携すると、普通預金金利が0.1%になったり、とにかく利点が多いので、

利用していくことでどんどんポイントも獲得できますので、楽天銀行の口座は是非作っておきましょう。

楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

※楽天銀行は、私も現在メインで利用しています。正直利用しない理由が見当たらないくらいおススメです。

楽天銀行をおすすめする理由。メリットが圧倒的!個人的な活用例も紹介

まとめ

もともとわたしは別の証券会社でNISA口座を開設していたんですが、

楽天の投資周りのサービスが急激に充実してきたので、勢いに負けて楽天証券に変更しました。

今回紹介した積立によるポイント獲得や、クレジットカードを使ってのポイント投資、

今回積立設定したこと(マネーブリッジによる連携)で、楽天銀行では、普通預金の金利0.1%と優遇されたりと、

かなりサービスが充実しているのを感じています。

利用していて思いますが楽天証券&楽天銀行は圧倒的にお得で正直デメリットが見当たらないですね。

ポイントで幅広く投資ができるのは楽天証券だけなので、楽天証券、楽天銀行の口座は持っておいて損はないと思います。

というより必須です!

~つみたてNISAは楽天証券×楽天銀行が圧倒的にお得です!~
※同時に楽天銀行の開設も可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です