仮想通貨決済を導入する時の注意点等。

クマです。

最近、NEM決済を導入の相談を受けているという話をちらっとしましたが、

ツイッターのタイムライン上で、「支払ってもらった時のレートより、価格が下がってしまって状態で日本円に利確しないといけなくなった」という旨のツイートを見たのでちょうど自分にとってもタイムリーな話題だったので、注意点を考えてみたいと思います。

(特に専門家とかではないのであくまで、一般論的な話になります。)

どの段階で利益を日本円にかえるかは自己判断でしかない。

仮想通貨自体がまだまだ未成熟な市場なので、ボラティリティ(値動き)が激しいのが現状です。決済した段階より、大きく値上がりすることもあれば、値下がりすることも当然あります。

決済を導入する際は、そのリスクは導入する店舗、事業者が負うことになります。

実際、自分が最近相談受けた時も、このあたりを重点的に話しをしました。

決済を導入するにあたっての最低限知っておくこと

  • 取り扱う通貨のウォレットの使い方。主に入出金のやり方
  • 日本円に交換する際に使う取引所の開設。入出金のやり方
  • ウォレットのセキュリティ管理

基本的には上の2つができれば、決済自体は可能ですね。

仮想通貨の決済で、肝の部分は、決済時の仮想通貨の受け取り(もしくは送金)と、日本円に交換する際の取引所への送金になるかと思います。

仮想通貨の送金、入金はちょっと慣れが必要なので、特に初めてウォレットを使う際は、少額でテスト送金するなど、ウォレットに慣れておいた方がいいかと思います。

それと、なによりもウォレットのセキュリティ管理ですね。

注意
秘密鍵、リカバリーフレーズ等、バックアップはしっかりと自分で管理しましょう

決済後の利益確定のタイミングをあらかじめ考えておく

仮想通貨決済を導入する際に、多くの場合が、決済時の日本円建てレートで決済することになると思います。

決済後、運転資金等で日本円に換える必要がある場合はなるべく早い段階で、交換する事をおススメします。そうすると、早ければ早いほど仮想通貨の値動きによるリスクは減ります。

もちろん、仮想通貨で持ち続けても構いませんが、値動きに対するリスクは当然自己責任にはなりますので、決済後の、仮想通貨の取り扱い(日本円に換えるか、仮想通貨のまま保有しておくか)のタイミングはあらかじめ決めておいた方がいいと思います。

まとめ

注意点を色々とかきましたが、まだまだ仮想通貨決済を行っている店舗、事業者は少ないので、宣伝効果等のメリットは大きいかと思います。

仮想通貨自体が市場拡大していけば、それに伴うチャンスも大きいと思います。ただ、上にも書いたように、リスクも当然ありますので、そのリスクと上手に付き合って、仮想通貨全体が、実需の面でも盛り上がっていけばいいなと個人的には思っています!

クマでした。

くま先輩


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です